越知町「麺や倉橋」食1グランプリ優勝の汁なし坦々麺

ランチ

1回四国食1グランプリ優勝越知町コスモス祭りに出展の際は午前中にあっという間に売り切れるという高知の麺好きには有名な「汁なし坦々麺」がついにお店で食べられるようになりました。

2018年4月オープン記念すべきオープン初日にさっそく行ってきましたよ!

スポンサーリンク

麺や倉橋

高岡郡越知町越知丙746
0889-20-9595
11:0014:0017:0021:00
定休日 : 水曜日、祝日

 

現在はメニューも少し変わってます、最新記事(2020年3月版)も合わせてご覧ください。
越知町「倉橋」行列の汁なし担々麺 豚骨しょうゆラーメンも登場
...

場所は越知の町中を過ぎて橋を渡ってすぐ、コスモス祭りの会場である宮の前公園の少し手前です。

国道33号線沿いで大きな看板が出ているので、すぐに見つけられますよ。店の隣に広めの駐車場があります。枠は8台だけどもう少し停められそう。

開店を祝うお花がずらりと飾られています。

11時少し前に到着、少し並んでましたがオープンと共にお店に入れました。

暖簾には大将である倉橋さんの似顔絵が描かれています。これ似てるね、厨房で作ってる倉橋さんが一目で分かりました。

倉橋健一さんは仁淀川町出身で、東京のラーメン屋さんで30く働いた後に越知町の地域おこし協力隊としてUターンされたそうです。

地域おこし協力隊の時に考案した坦々麺が大ヒットして、協力隊終了後に満を持しての出店なんですね、待ってました。

店内に入るとすぐ左手に券売機があります、今日は決めてるから悩まないよ!

小食のだんなさん憧れの「1人で2品頼む」を初挑戦1個ははんぶんこですけどね)

 

ギョウザ、チャーハンもあってセットメニューもありしかしセットメニューは開店しばらくはお休み、4月の2週目から登場するようです。

 ピカピカの新しいお店、4人テーブル3つ、カウンター8席、奥に畳の座敷席が1さっそくお子様連れファミリーが座敷席に座ってました。

開店後すぐに満席、挨拶がてらやってきた近所の方と遠くから担担麺を目当てにやってきた麺好きとあきらかに2パターン。

汁なし坦々麺 750円

これは外せない看板メニュー、たっぷりの肉味噌に温玉がとろり。

混ぜた図。汁なしといってもけっこう汁気ありで混ぜやすい。肉味噌に人参、シイタケ、など野菜がたっぷり入っていて太目の麺と相まって中華風ミートソースパスタのよう。パイナップルも入っていたような?

最初むしろ甘みを感じるけれど、後味はじんわり辛みを感じる。温玉も入っているおかげでそんなには辛くないです、辛いのはちょっとという人も試してみて。

坦々麺 830円

汁ありの坦々麺、こちらも肉味噌が乗ってるけど汁なしとは全然別物。粗く刻んだザーサイ?がたっぷり入ってる。

一般的な担々麺のようにゴマペーストやピーナッツの味は感じず、山椒がガツンときいてます。越知町の特産「仁淀川山椒」だよね「かいだ屋」でも使ってた。

南国市 高知で1番有名なうなぎ屋かいだ屋
...

麺は高知市神田の佐竹製麺スーパーでも生パスタや生ラーメンの麺を売ってるところだね。

そして、もう1

油そば 650円

厚切りのチャーシューがやわらかくてホロホロでおいしい。極太のメンマもおいしい、これも手づくりかな?

油そばは思ったよりさっぱりしていてつるつる食べられる、味も優しい。

麺や倉橋さんのラーメンはどれも盛りがいい私は汁なし坦々麺を食べたけど、食べごたえのある太目のもちもち麺に肉味噌が本当にたっぷりかかっていて、これは通常の大盛りくらいあるんじゃないかと感じながら食べました。

2品注文に初挑戦の旦那さんは、かなり苦しそうで(油そばは、はんぶんこですが)「晩ごはんもういらない」とか言ってました。

佐川の実家に行く時はとがの藤屋でうどんという事が多かったけど、選択肢が増えて嬉しい。次はタンメンとギョウザを食べてみたいな。

実家の両親にもぜひ行くようにと勧めておきました、間違いない。

スポンサーリンク

2019年5月にまた行ってきました

すっかりお気に入りで佐川方面に行く時はよく食べに行っている倉橋。4度目の訪問でタンメンと餃子を食べましたよ。

土曜の12時少し前に行くと、店前で待っている人が10人近くいる。すっかり人気店だね。

私はやっぱり汁なし担々麵と決めている、だんなさんは迷った結果初めてのタンメンに決定。

とっても盛りのいい倉橋、今回行ったら汁なし担々麵が「1玉」「1.5玉」と選べるようになっていました。従来は普通に頼むと1.5玉だったのね、多いはずだ。

汁なし担々麵(1玉) 700円

これでも十分お腹いっぱい。辛味追加の食べるラー油的なものがあったので、少し追加、ピリ辛でおいしい。

タンメン 780円

よく考えたら人生初タンメンな気がします。基本的に関東の料理なので西日本にはりなじみが無いんだよね。

倉橋の店主は東京のラーメン店で修業をされたのでタンメンが身近だったのかな。

そもそもタンメンって何?ってくらいの認識なので、調べたところ野菜や肉を炒めて煮込んだスープに麺を加えるのがタンメン

普通のラーメンは野菜は上にトッピングとして乗せるだけでスープと煮込んだりはしないよね。倉橋のタンメンもスープにすごく野菜のうまみが溶け出していてとても美味しかったです。

半ぎょうざ 200円

気になってた餃子も食べました、半ぎょうざは3個なのでちょこっと食べたい時にちょうどいい。

コメント