安芸市ランチ「廓中(かちゅう)ふるさと館」かき揚げちりめん丼とナス料理

ランチ

安芸市の人気観光地「野良時計」のすぐ近くにある、「廓中ふるさと館」でランチを食べました。

ここには県民総選挙で2年連続、東部エリア1位を獲得したグルメ「かき揚げちりめん丼」があるのです。

スポンサーリンク

廓中(かちゅう)ふるさと館

高知県安芸市土居1017-1
0887-34-0701
9:00~17:00(ランチは11時から)
休館日:月曜、金曜

場所は安芸市の観光スポットがたくさんあるど真ん中という感じ。

野良時計は徒歩2分くらい、武家屋敷の小路はすぐそこだし、安芸城跡・歴史民俗資料館も徒歩圏内。少し車で走れば内原野公園も岩崎弥太郎生家もすぐ着きます。

安芸市内原野公園「つつじ祭り」殿様気分でお抹茶をいただく
...

NHKの人気番組、火野正平さんの「にっぽん縦断こころ旅」でもこのすぐ近くを正平さんが自転車で走ってましたね。

にっぽん縦断 こころ旅 - NHK
俳優・火野正平さんが、あなたの「こころ」にある忘れられない風景を自転車で訪ねます。

この辺りは「土居廓中」と呼ばれ、日本風景街道にも登録されている情緒ある地域です。独特の生垣を眺めながら歩くと、当時の武家屋敷が無料公開されているところもあり、弘田龍太郎の歌碑が点在しています。

5月になれば大きなフラフがはためく風景も見ることができ、とても美しいです。まだ訪れたことの無い方はぜひ散策に行ってみてください。

土居廓中・武家屋敷

廓中ふるさと館 駐車場

建物の前に10台ほど停められます。隣にも広場があってそっちも停めてよさそうなので20台以上停められるのでは?

私たちが行った時は大型バスが2台停まっていました。

団体さんが入ってるみたいだけど席あるかな?

廓中ふるさと館 店内

入って右手がお食事処、満席の時はレジのところに名前を書く紙があるので書いて座って待つシステムらしい。

待ってる人はいないので入って行ってみよう。

ここでメニューを見ながら待つのね。

広い店内は大型バスで来ている団体客がたくさんお食事中、でも窓際の座敷は空いてるみたい。

ちょうど団体客のみなさんも食べ終わるとこだったようで、あっという間にテーブルは空いていきました。

窓辺の座敷席、テーブルが4つ並んでます。

窓の外は和風のお庭、武家屋敷をイメージしてるのかな?

季節の花と共に「高知家の食卓」県民総選挙、2年連続東部エリア大1位と掲げてあります。

スポンサーリンク

廓中ふるさと館 メニュー

こちらにも1ページ目にどどーんと紹介されてます。

しらす食堂にもかき揚げが添えられたものはあるけど、一面に乗った迫力がすごいよね。

工場直送「安芸しらす食堂」新鮮たっぷり釜揚げちりめん丼 どろめかき揚げ
...

定番のふわふわ釜揚げちりめんたっぷりの「ちりめん丼」もありますよ、サクサク「揚げちりめん丼」とどっちがいいか悩むところです。

そして、安芸市といえばナスの出荷量日本一のナス王国、そのナスを使った「なすカレー」が水・土・日限定で提供されてます。「なす丼」は毎日提供よ。

親子丼も普通の鶏肉ではありません、高知が誇る地鶏「土佐ジロー」のお肉と卵を使った親子丼。地鶏で肉と卵両方がおいしく流通しているものは少ないんだって。

どんぶりだけじゃなく、パスタにたっぷりの釜揚げちりめんが乗った「ちりめんパスタ」もあります。

かき揚げりちめん丼 1050円

当店一番人気
ちりめん丼の上に、季節の野菜、水菜、かちりじゃこのかき揚げをのせました。
かき揚げのサクサク感とちりめんじゃこのふんわり感が絶妙。味わい深いオリジナルのタレをかけてお召し上がりください。

揚げたてサックサクの大きなかき揚げがどんぶり全体を覆うように乗って迫力。

季節の野菜を使ったかき揚げ、水菜とニンジンがたっぷりにちりめんじゃこより少し大きめの「かちり」も入ってます。

オリジナルのポン酢っぽいタレとユズ果汁をお好みでかけていただきます。

サクサクかき揚げの下には、ふわふわ釜揚げちりめんも乗ってます、ちちめん丼ほど山盛りじゃないけど両方楽しめるようにできてるの嬉しいね。

お味噌汁と春雨サラダもついてて、お漬物はタクアンと共にナスの漬物もあるのが安芸らしい。

廓中弁当 1500円

フタの上に季節のお花が一凛、素敵な心遣い。

季節の旬野菜を中心に栄養バランスを考えた日替わり弁当に、安芸市特産のなすを使ったこだわりの一品を加えた豪華なお弁当です。

おかずがたくさん、彩も鮮やか。旬の四方竹、柿もはいってる、ナスの色が美しいね。

エビフライ、鶏のから揚げにナスのそぼろあんかけ。

エビフライ定食 1300円

大きなエビをまるごと楽しめます。
あつあつのエビフライに特製の手作りタルタルソースをたっぷりつけてお召し上がりください。

大き目のエビフライ、タルタルは手作り?

四方竹が添えられてるのが嬉しい、デザートはミカンね。

お腹いっぱい食べた後は、入り口前にある地元のいろいろな物産を見てみよう。

スポンサーリンク

産直市コーナー

新米が出る季節なので、お米がたくさん積み上げられてます。

もち米も売ってるよ、コスモスがきれいだね。

ハチミツがたくさん売ってる、地元安芸市で日本ミツバチが集めたハチミツ。

安芸市は芋けんぴも作ってるんだよね。

様々な穀類、きび、そば、ひえ、あわ、大豆に黒豆。

手作りの乾燥野菜もあります

観光情報

観光客もよく訪れる場所なので、観光パンフレットも置いてあります。

パンフレットの向こうにも実はテーブルが2つあって、こちらでも食事ができます。

団体客も来るから大き目できれいなトイレもあります、多目的トイレも完備。

久しぶりに訪れた「廓中ふるさと館」は思ったより(失礼)にぎわっていて、団体客以外にも続々と家族連れなどのお客さんが食事に訪れていました。

せっかくなので私たちもこの後、安芸の有名観光スポット「岩崎弥太郎生家」を訪れましたよ、この高知から三菱財閥が生まれた場所です。

安芸市観光「岩崎弥太郎の生家」三菱財閥の出発点を見る
...

コメント