高知市「どば」牛すじ丼と生ニンニクたっぷりラーメン

ランチ

高知市知寄町の電車通り沿い、大きなベスト電器の隣にあるラーメン店「どば」ずっと前から気にはなってたよ、ついに初訪問。

スポンサーリンク

どば

高知市知寄町2-2-3
070-5511-9988
11:00~19:00
定休日:月曜、火曜

「どば」という店名から、勝手に北海道を連想していた私。違う違う、それは「鮭とば」(鮭を縦に細長く切って干したもの、北海道土産定番の一つ)だわ。

という事で北海道ラーメンではありません、「どば」は店主さんが脱サラして独学で創り出したラーメンを提供するお店。店名の由来はわからない、なんだろう?

どば 駐車場

ビルの1階部分である店前に2台停められます、道路に面してるのと柱があるのでちょっと停めにくい、お気をつけて。

風でのれんがめくれてますな

営業時間は当分の間11時~19時、コロナが収束するまでかな?

どば 店内

入ると壁一面のマンガが目に入ります。

4人掛け、2人掛けのテーブル席が8個くらいあったかな、けっこう広いです。

土曜の12時半、空席僅かの人気ぶりで接客のおばちゃんが忙しそう。

全体的に年数は感じられるものの、とても清潔にされているのを感じる。広い店内を一人でホール担当しているようでキリキリと働いてさばいている。

柱の向うに1つだけ畳の座敷席、これは小さなお子さま連れ向けでしょうか、おもちゃも置いてあります。

この日も小さなお子様連れファミリーが2組来ており、幅広い年齢層に愛されてるお店なのね。

スポンサーリンク

どば メニュー

看板には大きく「牛すじ」と書かれているけど「牛すじラーメン」はひっそりと真ん中ほどに書いてあり、そんなに主張してないのね。

よく見ると定番のしょうゆ・塩・みその他に「タンタン麺」「にぼし醤油ラーメン」などもある。

「塩バターコーン」はあるけど「みそバターコーン」は無い不思議、とか思いながらメニューを見ていて、来る前には「担々麺食べよう」と思っていたことを忘れそうな私。

やはり牛すじは食べたいよね「牛すじ丼」を付けちゃおう。

「牛すじカレー丼」は「牛すじカレー」がかかってるのか、普通のカレーに牛すじがトッピングされてるのか?

サイズ展開がミニ・普通・大盛り・特盛りとあるけどこれはご飯もの全てに適応されるのかな?何かと気になる「どば」のメニューに担々麺の予定をすっかり忘れた私。

ほっとこうち「究極のラーメン」で紹介されたそうですよ。

厨房は1人っぽかったので混んでるし時間かかるかなと思ったけど、すぐ出てきた。忙しいのに慣れてるのね。

塩バターコーンラーメン 780円

バターのかたまりがスープに溶け出していくビジュアルがいい。

コーンもたっぷり入ってる嬉しい、コーンすくいスプーン付けてくれてるから心置きなく混ぜられる。

塩味しっかり目のスープにバターのコクと香りが合わさっておいしい、歯切れのいい麺にまとわせていただきます。

にんにくラーメン 750円

セットの牛すじ丼 300円

ミニだけど、かなりボリュームあるよ器が重い。

牛すじがトロトロに柔らかくておいしい、さすが牛すじ処。

大きくて厚みあるチャーシューがどーんと乗ってます、こちらもほろほろ柔らかい。

醤油味もしっかり、そしてなんといってもニンニクがすごい、向かいの席まで香りがブワッときます。

混ぜると底からにんにくがどんどん出てきます。

生ニンニクをつぶしたものが大量に入ってる、煮たり焼いたりしてない生きたニンニクなので匂いも強烈だけど、身体にはとってもいいね。

さすがに塊は食べずに残してたけど(笑)

担々麺を食べるつもりだったことを私が思い出したのは、このブログを書き始めてから。「あっ担々麺食べようって思ってたやん!」となりました。

初めていった「どば」は想像を上回る人気店で(失礼やろ)、「牛すじどば」って名前からなんかこってり濃厚そう・・とか思ってたけどそんなことなくて、また行って担々麺食べようって思いました。

コメント