つけSOBA「GOKU-TUBUSHI(ごくつぶし)」山盛りの麺と肉でお腹いっぱい

ランチ

高知市百石町にある、オリジナルの蕎麦麺を食べさせる「ゴクツブシ」

ガツンとしたその強麺を食べに行って来ました。

スポンサーリンク

つけSOBA  GOKU-TUBUSHI(ごくつぶし)

高知市百石町1-13-1
088-832-0321
11:3014:30 / 17:30~20:00(土日は昼のみ)
定休日:月曜、金曜

桟橋の電車通りから少し入った所、サンプラザ桟橋の裏くらい(サンプラザ、今は閉店してますが)

ゴクツブシ駐車場

少し離れたところに駐車場、4台停められます。あと、店の横にも1台停められるけど、こちらは狭いので軽自動車がおすすめ。

心配性のだんなさん、開店20分前に到着。さすがに早すぎるやろーと私は言ったけど、5分もしないうちに次の人が到着したので、慌てて店前に並びました。

ゴクツブシは名前を書くノートがあるけれど、それが出るのは開店時(11時半)なので、開店前は地道に並びます。

次々と人がやってきて後ろに並んでいき、開店時には6組。既にこれで満席です。

今年の3月にも食べに来てたけど、書いてなかったので3月と9月の訪問写真を織り交ぜつつ紹介してまいります。

9月の最新情報。

「ゴクツブシ&二星」のすばらしいコラボ店「ラーメン・ゴクボシ」が8月7日にオープンして、とっても忙しい店主さん。

現在「ゴクツブシ」は、定休日と営業時間が変わっています。

ゴクツブシに食券機

3月に来た時は今まで通りテーブルについてから注文だったけど、今回行ったら食券機が導入されておりました。

スポンサーリンク

ゴクツブシ メニュー

メニュー内容は基本のつけそば4種類に絞られてます。

以前あったスープのある中華そばや、期間限定メニューは無いです。

前のメニューこちらどうぞ、期間限定カレーつけめんおいしかったよ。

高知市GOKU-TUBUSHI(ごくつぶし)のつけSOBAは独特・美味・大盛り
...

今回は食べたことのない「とりつけそば」にしようかな。

3月に行った時のメニュー、分かりやすいので参考に乗せときます。

ゴクツブシ麺の量

小:200g
並:250g
大盛り:350g

ちなみに、普通のラーメン(並)の麺量は180gというお店が多く、つけ麺はそれよりも重くなる店が多いけど、その中でもゴクツブシはかなり盛りのいいお店です。

ゴクツブシ店内

コロナ対策のため、唯一の4人掛け卓は真ん中にパーテーションが設置されております。

でも家族連れとか、同じグループだとパーテーション外してくれるようです。

食券機のところに大きなアルコール消毒液が置いてあって、各テーブルにも小さなアルコールが置いてあります。

カウンター席も少し減らしてるのかな?

スポンサーリンク

3月に食べたメニュー

ごくつけSOBA 880円

胡麻とクルミで作った担々麵風のつけ汁です。
麺の上の鶏もも肉は、豆板醤、八丁味噌、トマト酢、落花生などで和えたものです。

私はいつもこればかり、濃厚クリーミーなつけ汁がおいしい。

麺に乗った鶏肉もしっかりピリ辛味が付いていて、とってもおいしい。

ゴクツブシの蕎麦色の強い麺をワシッとやりますよ~。

レモンバター牛めし 220円

気になっていた牛めしを注文、半分こ。

お茶碗サイズだけど、肉たっぷりにバターが絡み、かなりずっしりお腹にきます。

肉つけSOBA 880円

ドカ盛りの国産牛バラ肉と自家製ラー油入りのもりつゆ。

海苔がすごくて見えないけど、牛肉たっぷり乗ってます。

生卵が添えられているので、つけ汁にインしてまろやかに。

こちらも太くてかたい麺がごっそり入ってますよー。

スポンサーリンク

9月に食べたメニュー

とりつけSABA 830円

ラー油とブラックペッパー、甘辛いつゆで一番スパイシー。
パンチあります。

運ばれて来た時点で、ブラックペッパーの香りがふわーっと漂うくらいたっぷりかかっています。

ごくつけSOBAと違って、こちらは肉やネギなどの具がつけ汁にどさっと入ってます。

つけ汁はかなりスパイシー、大量のブラックペッパーの刺激とラー油の辛味。

卵は卵黄だけを入れてまろやかにしました。

肉つけSOBA 880円

だんなさんはいつものこちら。

今回は生卵を溶いて、麺の方にからめてました。

今回も安定のお腹パンパン満腹です。

いい加減学びましたが、次は(小)にしようと思います。

初めて食べたスパイシーな「とりつけSOBA」もおいしかったけど、やっぱり私は「ごくつけSOBA」が好き。次回はごくつけの小やな。

コメント