うどんのひなた屋は焼きサバ寿司も美味しいのだ

うどん

高知市大津にある比較的新しい団地、ひなたタウン。新築のおうちがたくさん建ってます。

そのひなたタウンの入り口部分に2011年にできたのが、セルフうどんの「ひなた屋」

大津バイパス沿いと言えなくもない位置だけど、少し高台になっててひなたタウンに入る道を曲がらないと見えないので、大津バイパスをよく通る人も意外と知らなかったりする。

スポンサーリンク

ひなた屋 

高知市大津甲2001-1
088-855-5050
11:0015:00 (麺なくなり次第終了)
(産直市 11:0019:00)
定休日 火曜日
駐車場 24

ひなた屋の特徴は、産直市が併設されているってところ。初めのころは別棟で小さなお魚屋さんもあったけど、それはいつの間にか無くなったみたい。お花や野菜、手作り惣菜なんかが売られてます。

 

 

日曜の11時半、駐車場は半分くらいの入り。ひなた屋はむしろ平日のランチタイムが混んでいる気がする。

平日の12時過ぎは毎日行列。でも店内も広くみんな昼休み内にサッと食べて行くので座れないってことはまずない。

席は確か、カウンター(テーブルにパーテーション席含み)20席くらい、テーブルが4席×4くらい、座敷も4席×5くらいとかなりの席数があります。 

窓際のカウンター席にはコンセントが用意されていて「充電用コンセント お時間の許す限りどうぞ」と書かれている。

素晴らしいおもてなし精神!

ひなた屋のいいところは、メニューが豊富

うどんメニューも他にはないおもしろくておいしいものがあっていつも悩ましい。

スポンサーリンク

ひなた屋メニュー

更に、サイドメニュー類も豊富。こちらも独特のものがあり、目移りしちゃう。定番の天ぷらも安くて大きいのが色々あるし、ご飯ものの充実っぷりがすごい。

おにぎりも普通のものからチャーハンおにぎりも。

 

注目すべきは、ひなた屋名物のサバ寿司。今日はノーマルサバ寿司と焼きサバ棒寿司、ないらげ寿司。

田舎寿司も並んでる、きれいだね~

上の写真、おにぎりの横にサバの頭がドドーンと鎮座しているの気づいた?これも取っていいんだよ、取ったことないけど。

サバ寿司はたまーに食べたくなるけど、ちょっとでいいの。ひなた屋だと一切れから買えるのがほんとに嬉しい。

 ジャージャーうどんスペシャルに惹かれたものの、サイドメニューも食べたいしシンプルに

ざるうどん(並)280円

焼きサバ寿司 1切れ 60円 ちくわの磯部揚げ 90

ネギ好きのだんなさんは冷やかけにセルフのネギをたっぷり。

「ないらげってなあに?」って聞いてたけど、買ってみたらしい。そして同じちくわの磯部揚げ。

2人分のランチで850円というお手頃価格に収まってしまった。

冷やかけ(並)280円

 

ところで、適当に答えたけど「ないらげ」調べてみた。

マカジキ(真梶木、学名 Kajikia audax) は、スズキ目マカジキ科に分類される魚の一種。水色の横縞模様が特徴的なカジキの一種で、日本近海を含むインド太平洋の暖海域に分布する。食用にもなる。

日本での地方名はオカジキ(福島)ナイランボウ(千葉)ナイラギ、オイラギ(近畿)ナイラゲ(高知)ハイオ(福岡・熊本)などがある。

(Wikpediaより抜粋)

 マカジキだったのかー梅宮さんが釣りあげてるやつじゃないの?いやあれはカジキマグロ?

ついでに調べたところ、衝撃の事実。「カジキマグロという魚は存在しない」

カジキの味が良くマグロに似ていて、マグロよりも食材として扱いやすいためにお店なんかが重宝して使っていたのが混同されてカジキマグロという名前が広まっていったらしい。

マグロはサバ科、カジキはマカジキ科、メカジキ科で全然違うんだって。

なんと!カジキマグロって言わないようにしよう。詳しくはこちらどうぞ↓

カジキマグロという魚はいない マグロとカジキ 

(東京都島しょ農林水産総合センター サイト)

スポンサーリンク

産直コーナー

 

手作り作品を売っているコーナーもあり。

 

新鮮な野菜たち

 

冷蔵には名物のサバ寿司など惣菜と、ひなた屋手作りのうどん麺が生麺とゆで麺を売っている!

これいいね!おうちでもツヤツヤもちもちのお店のできたて麺が食べられちゃう。

打ちたての麺を売ってるところってなかなかないから貴重。

それと、最近スイーツメニューが充実してて、色んな味のソフトクリームとクレープを売っているのだ。

このクレープが「うどん屋のクレープ」ということで、うどん粉で作っているらしい。

いつもうどんでお腹いっぱいなので食べたことないけど、もちもち感がすごいらしい。

今度おやつに買いに来たいな、15時からなのね。メモメモ

 

コメント