南国市ラーメン工房りょう花 定番の塩と濃厚鶏白湯

ランチ

初めて「りょう花」の塩ラーメンを食べた時は感動したなぁ。なのに気づけば1年以上行ってない。

最近ラーメン屋さんがどんどん増えてるから色々行ってて、そういやりょう花に行ってなかったね。

11年ぶりに高知にUターンしてきて初めてりょう花の塩ラーメンを食べた時は高知にもおいしいラーメン屋さんができたんだなと思いました。

 

スポンサーリンク

ラーメン工房 りょう花 南国店

高知県南国市大埇乙1082-3
088-864-3827
11301500 17302200
定休日:火曜日・第3水曜日

りょう花は愛媛が本店、四国4県に店舗があり東京にも進出予定。

日曜の12時半に到着、18台の広々とした駐車場ですが残り2枠。

店内のウェイティングコーナーに待ってるお客さんが1組、名前を書いて座って待ちます。

5分ほどで席に案内されました。

 席数は40席。テーブル席、厨房前の長いカウンター、6人掛けのテーブルを真ん中で区切ってカウンター状態で座る席。

カウンター状態のテーブルに案内されるが、この席パーテーションが無いに等しいほど低くて、目の前の見知らぬ人と近距離で向かい合う状態になってしまう、超やりづらい・・。

今度からテーブル席希望って書こう。

スポンサーリンク

りょう花メニュー

 

久しぶりだし、やっぱり定番かな。

 

金曜の夜は餃子が半額なんだって、へー。

特製餃子 290円

6個入りで290円とお手頃、小ぶりで皮が薄くパリパリ。

塩らー麺 690円

りょう花と言えばやはり、塩。こだわりの自家製麺にしっかりした味の塩スープがよく絡みます。

チャーシューが鶏から豚になったんだって、すだちが乗ってるのがりょう花風だね。

白ごはん(小) 150円

昆布の佃煮ついてきます、小でもけっこう盛りがいい。

鶏白湯らー麺 790円

すごい濃厚、ちょっと置いとくと表面の脂が膜を張ります。生の玉ねぎが乗っているのが特徴。

チャーシューがかなりデカイ。厚みもしっかりあります。

久しぶりのりょう花はなんか記憶の中の味とは変わってたけど、やっぱりおいしいなぁと感じました。

りょう花のホームページに書いてあった言葉を見て納得、進化し続けてるんだね。

りょう花には、伝統の味というものはありません。
なぜなら、最も美味しいものを求めて、味は日々変わり続けているからです。

コメント