いの町きび街道 もぎたて茹でたて最高に甘いトウモロコシ

日々の事

6月になると始まる、いの町きび街道。最近は南国市でも同じように農家直売トウモロコシが人気になってますが、いの町のきび街道は30年以上の歴史ある初夏の風物詩です。

場所は高速いのインターを降りてすぐのところ、毎年5件ほどがトウモロコシ畑の前にこの時期だけの臨時店を開いてます。

スポンサーリンク

いの町きび街道

吾川郡いの町枝川地区
7:00か8:00くらいから売り切れまで。

この地図に出てる作業所はちょっとずれてます、きび街道はこれより1本北側の通り沿いです。でもここを目指していけばもう「とうもろこし」の旗が見えてるのでキョロキョロしてみてください。

私はいつも高速出口から一番近いお店に行くけど、ずっと進んでいくと他のお店もあって、噂によると奥にある店の方が空いてるらしいです。

今度は少し車で走って他の店を探してみようかな。

見えてきました、「とうもろこし」と書いた赤い旗が目印です。土曜の12:45、売り切れてはないよね?大勢の人が見える・・。

とうもろこし畑のお店

とうもろこし畑の中にお店と駐車場が作られてます。駐車場は10台くらい停められるけど、いっぱい空くの待ち。

私だけ降りてとうもろこしに並びます。

お店の横には大量のとうもろこしの皮が積み上げられてる、いったい何本剥いたんだろう。

売り切れてなかった、よかった。5人ほど並んでいて、行列は停止状態。

これはもしや茹で待ち?お店のおばちゃんに聞いてみたら「あと6分で茹で上がります~」とのこと。

大きな鍋で茹でてます、暑いよね~ありがたいです。

とうもろこしは収穫に最適な時期を見計らい、甘さが一番際立つ早朝にもぎ取り、すぐにその場で茹でる。この生産者さんならではの最高の状況で食べさせてもらえるから、きび街道のとうもろこしはわざわざ買いに来る価値があるのです。

収穫して時間が経ったとうもろこしをおうちの小さい鍋でちまちま茹でるのとはわけが違う、美味しいとうもろこしばっかりがぎゅうぎゅうに詰まって茹でられてるんだもの美味しい×美味しいの相乗効果。

とうもろこし大好きな私はそんなことをツラツラと考えながら茹で上がりを待っておりました。

なお、生とうもろこしも売ってます。大きさにより180円~230円。

あっ茹で上がった!前の人たちがどんどん大量に買っていきます。あれだけの大鍋いっぱいできたばかりだから大丈夫とは思うけど、ハラハラ。10本くらい買う人がほとんど。

何本買おうか悩む、だんなさんは食べないから私が食べたい分ね、3本?いや今日2本、明日2本の4本かしら。

ねむり猫
ねむり猫

4本ください。

はーい、900円です。

ゆできび 1本225円

買っちゃった、4本も買っちゃいました。だって美味しいんだもん、今日の晩御飯これでいい。
茹でたてあっつあつ、持つこともできない。でもすぐに食べてみたい!猫舌だけど端っこを少しかじる。

ねむり猫
ねむり猫

あっま~い、おいしい~

結局少し冷まして1本食べ、晩ごはんに2本食べ、翌朝1本食べました。幸せのとうもろこし三昧。
スポンサーリンク

佐川で梅の実収穫

今回は私の実家、佐川町で梅収穫のお手伝いに行くのが目的だったのです。
私の実家は佐川町の山でして、さらに山の畑に生えているほとんど野生の梅の木収穫です。家から車で10分ほど山に入った畑、ものすごい山の中です。
子どもの頃はいつも遊び場にしていて野山を駆け巡り、谷川でカニや魚を捕まえたりしてたけど、久しぶりに山の畑に来てみると、こんなに道細かったっけ?どえらい山の中やなと我ながら驚きました。
梅の木をゆすって、枝をたたいてこれだけの収穫。この梅がだんなさんのお弁当の梅干しになります(漬けるのは母)よろしくお願いします~。
私も少しもらって帰り、梅シロップを仕込みました。10日くらいで飲めるらしいから楽しみ。

コメント