朝倉の古民家カフェ「Equivalent(イクイバレント)」のイベントに行ってみた

イベント

高知市朝倉の国立病院すぐ近くにある「Equivalent」は瓦屋根の古民家を利用した、カフェ・イベントスペース・絵画教室などのおしゃれーな場所です。

ワルンカフェさんのInstagramから、アジアンな洋服やお弁当販売のイベントがあると知って、見に行ってみました。

高知の東南アジア「ワルンカフェ」でタイの下町ランチ
...
スポンサーリンク

Equivalent(イクイバレント)

高知市朝倉丁354
088-856-5185

Equivalent(イクイバレント)とは、英語で「同等の、等価値の」という意味だそうです。

東京で写真家として活動していた店主さんが、生まれ育ったおうちをリノベーションしてカフェやイベントに利用できるスペースにしています。

公式サイトに詳しく紹介があるので見てみると、カフェもいつもやっているわけではありません。今は週末にはだいたい開いていて、かき氷が食べられます。

「Equivalent」って、どこかで見たことあるな~と思ってたら、villageに出店してるんだ!

これ、去年の「カーニバル00」の様子です。おしゃれーなハーブドリンクを販売されています。

Equivalentの場所

入って行く道が分かりにくいです。上の地図見てもらうと分かるように、国立病院の少し北側で、ローソンの向かいの位置。

信号を西に入って行ったらすぐだけど、道が細くて坂になってるので注意です。

Equivalent駐車場

入るまでの道は細いけど、駐車場はけっこう広いです。

しかし、舗装はされておらず土がぼこぼこしている場所もあるので、雨の日などは注意しないと泥につっこみます。

駐車場は建物の裏なので、こんなふうに見えて、これはどこから入ればいいのだろうと戸惑います。

建物の左手から正面に行けます。

正面側にはひそやかな看板も出ていて、ここでいいんだと一安心。

Equivalent店内

建物は築80年を超える立派な日本家屋です。

玄関前には特に案内は無いので、ちょっとドキドキしつつ引き戸を開けます。

openの文字に少しお店感を感じてほっとする。

古くて素敵な空間に足を踏み入れます。

つやつやのアップライトピアノ、古い和太鼓、美術室にあったような石膏の胸像、無造作に置かれた様々なものに家の歴史と人の生活を感じます。

おじゃましまーすと部屋に入ると左手奥がカフェコーナー、こちらでかき氷を販売しています。

常連さんとおしゃべりしてるのが店主さんかな?

スポンサーリンク

トコバジュの洋服

今回のイベントは、高知出身バリ在住の作家さんが作る1点物の洋服販売がメイン。

アジアン好きな私、何かいいものに出会えたらいいな。

今回はインドで買い付けた布を使った服が中心という事でした。

布自体が素敵で、シンプルなシャツやスカートが並びます。

いいなーと思うスカートがあったけど、買う決断までには至らず・・。

ワルンカフェお弁当

ワルンカフェのインド風弁当とサンドイッチが売ってます。

気づくと、家のいたるところでお弁当を食べているお客さんがいる。

カフェコーナーだけじゃなく、テラスとか色んな場所に居心地の良さそうな椅子とテーブルが配置されてます。

私たちはお昼はがっつりラーメンをいただいていたので、こちらのパンをお土産に買って帰りました。

Equivalentの猫ちゃん

洋服を見ていたら、足元をふかふかのものが横切っていく。

カッパーアイのぬいぐるみのようにかわいい猫ちゃん。

私が見ていたスカートの紐にじゃれついてきました。これはいかんよ。

非日常の空間でのひと時を味わって、そーっとEquivalentを後にしました。

いやーおしゃれ空間やったわ~来てる人たちもみんなオシャレでなんかちょっと緊張したわ~。

ここで開催されている絵画教室がとても気になる。近かったら見学に行ってみるのにな。

買って帰ったパン

翌日、朝ご飯にいただきました。

ピストーレ 170円

シンプルな食事パン。

ピーナッツバターサンド 240円

ピーナッツバター好きな私。しっとり記事にピーナッツバターたっぷりでした。

コメント