らーめん食堂一心「とり物語」鶏白湯を1滴残らず食べつくす

ラーメン

昨年2019年10月に高知市大津に移転オープンした鯛塩ラーメンの名店「一心(いっしん)」

2020年6月から新たに夜の部は「とり物語」として鶏白湯のお店となりました。昼は鯛塩の「一心namihana」週3日だけ夜は鶏白湯の「一心とり物語」です。

一心namihanaについてはこちら見てね。

移転オープン「一心namihana」鯛塩ラーメン チャーハン登場!
...
高知市大津でラーメン「一心nami hana」えびそば、まぜそば
...
ラーメン「一心ナミハナ」で裏メニュー釜バターを食べる
...
スポンサーリンク

らーめん食堂一心 とり物語

高知市大津乙453-9
18:00~20:30(21:00クローズ)
月・火・水のみ営業

店前の案内板が新しくなってます。

18時半くらいに到着、一番乗りでちょっとドキドキ。

テーブルにも店名とnamihanaマークが入ってます。

前は無かったよね、かっこいい。

スポンサーリンク

一心とり物語 メニュー

ラーメンは鶏白湯のみ、チャーハンあるのが嬉しいね。

一心のチャーハンはとってもおいしい、昼はハーフサイズがあるけど夜はノーマルサイズのみです。

らーめん 900円

店主さんのTwitterで鶏ガラを丁寧に下準備して、グツグツと何時間も煮込んでいるのを見ておりました。

これがあのスープかと感慨もひとしお、一口飲むと濃厚な鶏、ほどよい塩味、うまい。濃厚だけどしつこくはない、うまいなこれ、ぐいぐい飲んじゃう。

添えられた、あおさのり?が爽やかでいいアクセントになる。鶏チャーシューも柔らかくておいしいよー。

味玉らーめん1000円 ごはん小100円

味玉がゴロンと乗っかってます。

ぷりぷりした透明感のある麺もおいしい、ずっと食べていたくなる。

味玉とろーりして、ご飯とスープと共に味わう。おいしいに決まってるやん。

最後は店主のお勧め通り、スープにご飯をどさっと入れて鶏雑炊状態にして1滴残らず、鶏白湯を食べつくす。

このスープ残すなんてもったいなさすぎるもんね。

おいしかった~あ~満足。

昼のnamihanaにも来て担々麵も食べたいな、いやでもえびも捨てがたいな、取り合えずまた来る絶対来る。ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

ランチに再訪

さっそくの再訪です。週末に今度はランチに一心namihanaにやってまいりました。鶏白湯食べて、やはり他のラーメンも食べたい気持ちが抑えられなくて。

そして一心に行くと決めたら、どれを食べるかで家を出る前から悩みまくりです。

一心ナミハナ メニュー

だんなさん
だんなさん

久しぶりに基本の汐らーめんにしようかな、でもまだ食べてないみそも気になるな。

ねむり猫
ねむり猫

えびそばのあの劇的においしいスープをまた飲みたい、でも久しぶりに担々麵も食べたいな。

汐坦々黒 800円

トロッと濃厚な黒ゴマスープに四川山椒の辛みが際立つ。

はーい、黒坦々に決定いたしました。麺は太麺をチョイス。

濃厚な黒いスープが白く透明感のあるぷりぷり麺にからんでおります。肉みそ、きくらげがたっぷり入っていて残さずすくいたい。

山椒がビリリと痺れる辛味を演出してくれる、やっぱりおいしいな一心の担々麵。

みそらーめん 800円

特製黒マー油を使用した香ばしいみそらーめん。

焙られた大きなチャーシューがどかんと乗ってます。

味噌スープを飲むと「味噌が生きてる」出汁と味噌のバランスが絶妙、味噌の味と香りがよく生かされているおいしい味噌スープ。

えびとガーリックのチャーハン(ハーフ) 350円

担々麵にしたので、エビはチャーハンで食べる。

エビがホントにたくさん入ってて嬉しい、時々おおきなチャーシューの塊にも出会えます。一心に来たらやっぱチャーハン必須やな。

おいしくて幸せな満腹リン。

次はえびそばにしよう♪

コメント