ラーメン「ヌードルmuma(ムマ)」ゆずを使った酸辣湯 ユズラータン

ランチ

高知市にある独創的なオリジナルラーメンが食べられる「ヌードルムマ」に行って、新しいラーメンを食べてきました。

今回は謎の店名「ムマ」についても教えてもらいました。

スポンサーリンク

noodle muma(ヌードル ムマ)

高知市はりまや町1丁目12-5
11:00~14:30
定休日:日曜、月曜

ムマは駐車場がないので近くのコインパーキングに停めます。

訪れたのは祝日の12時ちょうど、待ってる人はいないみたいです。

あいかわらずオシャレな店内、本物の植物とフェイクグリーンがほどよく共存してます。

おや?入ったところにこんなテーブル。

席に着く前にこちらで注文して、お水と手拭きを取って着席というスタイルになってます。なお、お支払いは食後です。

スポンサーリンク

ムマ メニュー

ゆずラータン、新メニューだね名前からして「酸辣湯(サンラータン)」的なのだな。

昔のメニューなど、こちらご覧ください。

「muma」で肉たっぷりラーメン レアチャーシュー麺と肉つけ蕎麦
...

注文をして席に着きます。

たんたん麺 900円

担々麺とトムヤム麺で悩んで(どっちも食べたことある好きなやつ)、今回は担々麺にしました。

ムマは化学調味料無添加のスープ、麺は自家製の熟成させた多加水麺。口当たりはツルツル、噛みしめるともちっとコシが強い独特の麺。

担々麺のおいしいひき肉を残さず食べるための穴あきレンゲ、これが添えてあると嬉しくなる。

クリーミーで辛さ控えめ、おいしくて体にいい他には無い担々麺です。

ゆずラータン 900円

酸辣湯(サンラータン)とは
中華料理(四川料理・湖南料理)のスープのひとつ。酢の酸味と唐辛子や胡椒の辛味と香味を利かせた、酸味豊かな辛みのあるスープ。
豆腐、鶏肉、シイタケ、キクラゲなどの具材を使ったスープを、食塩、醤油、生姜汁で調味し、たっぷりの酢と唐辛子あるいは胡椒を加える。
片栗粉でとろみをつけた後、溶き卵を流し込んで仕上げる。
(Wikipediaより)

土佐山の柚子を使い自家製麺を入れムマ風にアレンジした酸辣湯

とろ~と麺にからみつく酸味のあるスープ、柚子の香りがきいてます。辛味よりも酸味が強いかな。

ずっと熱々で、スープが持ち上がるのでほとんど残らない、温まってお腹いっぱいになる寒い季節にぴったりなラーメン。

帰り際「ムマってどういう意味なんですか?」と接客してくれた店主奥様に聞いてみた。

高知の山間部でむささびの事を「ムマ」って言うんです。
主人が梼原出身で子どもの頃はぴゅーっと飛んでるのを見たそうです。

ラーメン関係ないんですけどね、と朗らかに笑う美人で親しみやすい奥様。

そうか、やっぱり「むささび」の事だったんだと最初に訪れた頃からの疑問がすっきり解明されました。看板とショップカードはむささびマークだもんね。

コメント