高知市うどん「麺房 三宅」ふんわりきつね、あったかあんかけ

うどん

高知市の住宅街にある小さなうどん屋さん、広末涼子さんが通っている事で全国的にも有名になった大人気店「麺房 三宅」

行列覚悟で久しぶりに食べに行ってきました。

スポンサーリンク

麺房 三宅

高知市伊勢崎町5-18
088-873-3120
11:00~15:00
定休日:火曜・水曜

以前とは営業時間とお休みが少し変わっています。

高知市「三宅うどん」柔らかくてコシがある、もちもち麺
...

住宅街にあるので、目印になるお店とかが少ないのよね。ダイレックス吉田店の前の道路を西に進み、左手にファミマが見えたらその角を左折。

三宅 駐車場

お店の向かいに12台停められる駐車場があります。

着いたのは日曜の11時、開店時間ちょうどです。なのに、駐車場の空きは残り2台!あぶなっ

わかってはいたけど人気店、開店前から並んでたのね。

開店時間に到着で3組待ちの状態でした。

お店の前には待ち客用の椅子が置かれています、座って待とう。

出汁を取った昆布が売られてます、昆布は羅臼・日高2種類を使っているそうで肉厚でおいしそう、いい佃煮が作れますね。

値上げのお知らせが貼ってあります、4月から一律50円の値上げだそうです。

最近いろんなお店でこのような貼り紙を見かけます。大変な状況の中、おいしいものを少しでも安くと努力されている姿勢が感じられて、こちらこそ頭の下がる思いです。

スポンサーリンク

三宅うどん メニュー

外にもメニューを貼ってあるので、どれにするか悩みながら待ちます。

店員さんが「外のお席でよければ入れますが」と声をかけてくれたので、外の席へと案内してもらいます。

店内は人でいっぱい、温かい湯気の向うで大将がうどんを打つ音がします。

中庭は店内を突っ切った向うにあります。

三宅 中庭の席

趣のある中庭にテーブルが2個設置されてます。

建物に囲まれた秘密のお庭みたい、直射日光は当たらず快適。今くらいの季節は気持ちいいですね。

石垣があったり大きな木が生えていたり、素敵な空間です。

この石のテーブル「L」が地面に突き刺さった状態で片方浮いてる、アートなテーブル。

季節のお花も飾られています。

石臼に火鉢、猫じゃらしと菜の花。

私たちが案内されたのは店員さんが「通路のお席」と呼んでいたこちら。

少し奥まっていて、足元には小さなストーブもあり外の席とはいえ居心地がいい。

屋根も暖房もあり目の前に庭を眺められる、他のお客さんもいないのでおしゃべりもできる、むしろこの席を希望したいくらいです。

ポットに入れて置いてある温かいお茶も香ばしくてとってもおいしい、ハブ茶?きし豆茶?

この通路の向うには離れの座敷があって、完全個室でのお食事ができます。

ちょうど賑やかな家族連れが出たところでした、小さいお子様連れには嬉しいね、予約できるのかな?

きつねうどん 600円

おっきなおあげが乗ってます、ふっくら甘すぎずおいしいおあげ。

竹筒に入った七味、これは京都の黒七味かな、山椒のきいた黒七味好きです。

つゆは出汁を奢っているけど出しゃばらない、香りと共に麺を優しく包む。

三宅独特の長時間茹でられた麺は表面がほわっとふんわり、中はむちっと伸びやか。あぁやっぱり中盛り(+100円)にすればよかったやん。

わかめとじあんかけうどん(梅入り) 700円

わかめ、梅そしてあんかけとだんなさんが好きなものがそろったうどん。

天かすは注文時に「お入れしていいですか?」と聞いてくれます(きつねうどんも)

あんかけだけど粘度はさほど高くない、さらっとしたあんかけ。

でもきつねうどんと比べると冷め具合が全然違いました、ずっと熱々。

外席は食器返却セルフになってます。

おつゆまで飲み干した砥部焼の器をそっと置きます、ごちそうさまです。

やはり三宅のうどんはおいしい、並ぶのを分かっていてもまた食べたい。

温かくなったらぶっかけを食べよう、またお庭の席がいいな。

コメント