香南市「手打ちそば乃なか」北海道産蕎麦粉 つけ鴨せいろ

ランチ

香南市香我美町のチューリップ祭り会場のすぐ北側にあるお蕎麦屋さん、気になっていたお店に初訪問しました。

以前は愛宕でやってたお蕎麦屋さんが2017年に香南市に移転してきたそうです。

スポンサーリンク

長平社中 手打そば 乃なか

高知県香南市香我美町岸本
0887-50-1954
11:00~15:00
定休日:水曜、第2日曜

和菓子の「武市神栄堂」を少し東に行くと、手打ちそばと書かれた大きな看板が左手に見えてきます。

140年の老舗和菓子店「武市神栄堂」(たけちしんえいどう)のキウイ大福
...

建物は普通の瓦屋根のお家です、自宅兼お店なんでしょうね。

乃なか 駐車場

お店の横に3台、少し離れた場所に2台の駐車スペースがあります。

お店入り口には赤い暖簾がかかってます。

のれんをくぐると、普通のおうちの玄関、おじゃましまーす。

靴はここで脱いで靴箱へ。

立派な看板だなと思ってよく見ると「立行司二十九代 木村庄之助」と銘が入ってる。

立行司というのは相撲の行司の最高位の階級、調べてみるとその29代目の方が香南市香我美町岸本出身でした。まさにこのお店が経ってる場所ですね、お知り合いなのかな。

セルフサービスの説明が書いてあります。

乃なかは店主さんが1人でやっているので、券売機で支払い後、できあがったら呼ばれるので取りに行って、食べ終わったら返却口に返します。

スポンサーリンク

乃なか メニュー

ドアをあけるとすぐに券売機、ずらーっとかなりの数あります、どれにしようどうしよう焦る、そういえば店の前にメニュー書いてあったねあれを見てこなきゃいけなかったか。

慎重派のだんなさんがちゃんと写真を撮っておりました。

みなさま外のメニューを見て決めておくことをお勧めします。コロナ対策なのかテーブルにメニューはありませんでした。

券売機ボタンのアップもあわせてどうぞ、丼もの→温かいそば→冷たいそば→トッピング→一品料理→ドリンク→大盛・小盛、という順番で並んでます。

乃なかでは、券売機のボタンを押した時点でその情報が厨房に送られるので、食券を渡す必要はありません。

食券を持ったまま席に着きます。テーブルが2つと窓辺にカウンター席が6席(料理だけで店内撮影はご遠慮くださいとのことでした)

セルフサービスの蕎麦茶を入れて座って待ちます、呼ばれたら取りに行く。そば湯もポットに入れて置いてありました。

つけ鴨せいろ 1280円

蕎麦は関東風に打った二八そばと書いてありました、細めの白い麺で更科に近い感じ。

蕎麦粉は北海道磯谷産の北早生を使用だそうです。

合鴨のあぶらが光るつけ汁、鴨にはしっかりと火が通っています。

おろしせいろ 780円

かなり辛い大根おろし、ぴりっと蕎麦の味と香りをひき立てます。

マグロ漬け丼(小) 300円

マグロがトロッととろける、小だけどけっこうボリュームがあります。

山菜そば 980円

山菜がかなりたっぷり入ってます。

小エビ天そば 980円

 

私たちが入ったのが12時少し前で1番乗りだったけど、後から後からお客さんが入ってきてあっという間に満席。店主さん一人なので、お客さんが入る度「時間がかかりますが大丈夫ですか」と声をかけていました。

最後の4組目のお客さんは30分以上待つと言われたけど「大丈夫です」と席についていました、みんな知ってるのね。

お持ち帰り用の年越しそばの予約受付中でした、1人前500円(ざる汁つき)大晦日は蕎麦屋のおいしい蕎麦もいいですね。

コメント