香南市「kappa38」かわいいカフェで旬野菜たっぷり20食限定ランチ

ランチ

香南市野市町にある小さな自然派カフェ「kappa38」なんか変わった名前だよね。

2007年オープン当時は10年限定の予定だったけど、引き続き営業営業決定。大人気のお店だし嬉しい、初訪問してきました。

スポンサーリンク

kappa38

高知県香南市野市町母代寺字中川原469-1
0887-56-5880
11:30~16:00
定休日:土曜・日曜

場所がちょっと分かりにくいです、私もナビ見ながらたどり着きました。野市の「あじさい街道」のすぐ近くです。

野市町「のいちあじさい街道」1,2kmに19000株の花が咲く
...

住宅街を抜けて、山沿いにある小さな建物、気を付けないと見逃してしまいそうです。

kappa38 駐車場

お店の隣に駐車場あります。

普通に停めると5台、縦列で10台。

店内にあった駐車場の案内です。

グループでお越しの方は、乗り合わせ、または縦列駐車のご協力お願いいたします。

営業日が平日のみなので、なかなか来られなかったkappa38、今日は一人でやってきました。

店内が全く見えないので、ちょっと緊張しながらドアを開きます。

kappa38 店内

古びた感じの外観とはガラッと変わり、白を基調としたかわいらしい店内。

至る所にレースとお花、照明も小物もかわいらしい、女子大喜び。

個室もあります、テーブル席だけじゃなく座敷の個室もあって、この日も小さなお子様連れのお客さんが来ていました。

平日の12時ちょうどくらい、店内はお客さんがいっぱいで、今空いてる席も13時に予約が入ってるのでそれまででいいならとのこと、人気なんだねー。

窓の外は自然、山にくっついて建っている。

絵本とか素敵な雑誌が並んでます、こんなところもおしゃれ。

スポンサーリンク

kappa38 メニュー

食事メニューは潔く週替わりランチ1択、お子さまプレートがあるのがいいね。

お店を始める経緯などが紹介されています。

デザートもあります、この他にも手作りケーキが色々あるみたい。

気になっていた店名「kappa」の意味は?と紹介されてる。

英語のアルファベットは26個、イタリア語は21個。イタリア語に無いアルファベットがここに紹介されている5個で、この5つのアルファベットは外来語や地名、古いイタリア語を表す時に使われるそうです。

イタリア語には存在しない「K」を発音するとき「kappa」となる。ふーん、なるほど、ここから取ったってことかな??

 

「おねがい」を読んでびっくり、「店内での撮影はご遠慮願います。」!!

お茶を運んでくれた店主さんに聞いてみたら「他のお客様が写らなければ大丈夫ですよ」と笑顔で言ってくれて、ほっと一安心。ちょうど個室に1人だったのでお部屋の中を撮れました。

陶器のカバーの中身は何かな?と思って開けてみると、かわいいミニチュア。

週替わりランチ 1,000円

 

色とりどりでおいしそう、旬の野菜が中心で品数がすごく多い。

大好きなトウモロコシのかき揚げ、嬉しい!

なすに豆腐にゴーヤ、かぼちゃにお豆オリーブ、これ全体で何十種類の食材が使われているんだろう。

メインは鶏のから揚げ、赤ワインビネガーのソースがかかってる。

唐揚げの下にも野菜がたっぷり、ご飯は五穀米かな?

小さいグラスでジュースが添えられてるのが嬉しい、オレンジジュースかなと思ったらマンゴージュースでした。

小さなグラスの下には小さなコースター、そして小さなお花が刺繍されてます。

ニンジンとリュウキュウかな?と思ったらセロリでした、シャキシャキでさっぱりおいしい。

サラダのトマトは丁寧に皮が向かれていて食べやすい、心配りもたっぷりの優しい食事。

食後のデザートも食べたいなーと思ったけど、後ろに予約のお客さんがいるからね、今回は諦めよう。

手作りケーキがずらりと並んでいて、カヌレ以外はお持ち帰りもできます。カヌレは湿気に弱いから店内飲食のみ、食べたかったなー次こそは。

コメント