香美市「甫喜ヶ峰(ほきがみね)」登山で季節の花を楽しむ

ちょっと山登り

ちょっと自然に触れたいなと思ったときに、南国インターから20分で到着という好立地にある、甫喜ヶ峰森林公園。

キャンプに行った時に今度は山登りに来たいなと思いながら、やっと行ってきました。

スポンサーリンク

甫喜ヶ峰森林公園

高知県香美市土佐山田町平山字立石丸1491-2
0887-57-9007(電話対応時間8:30~17:15)

昭和53年5月21日、天皇陛下をお迎えして、高知県で第29回全国植樹祭が行われました。この公園は、この植樹祭の会場とな
った102ヘクタールの県有林を、県民の憩いの場、児童や生徒のみなさんの森林自然体験や学習の場として、はば広く利用できるよう整備したものです。
標高370~610m
北に四国連峰を望み、南は高知平野・香長平野から太平洋を一望できる絶好の場所にあります。

≪甫喜ヶ峰森林公園とは 公式サイトより抜粋≫

キャンプ場に設置された案内マップを見ながら、どのルートで登ろうか思案。

「花木の森」のクネクネ散策コースはキャンプの時に歩いたので、その少し上の道から登り始め、「アセビの森」を経由して「記念の森」を目指そう。

スポンサーリンク

11:15 登山スタート

キャンプ場の駐車場から出発して、舗装された道路を少し歩いてから森へ入ります。

「アセビの森」まで1040m、1kmちょっとか結構あるな。

山はいろんな白い花が咲く季節です。まずたくさんの花をつけているのは、ガクウツギかな。

登山道は手入れが行き届いていて、傾斜もさほどきつくないのでとても登りやすいです。

この日は夏のような厳しい日差しだったけど、森の木々が優しい木漏れ日に変えてくれます。

こちらも可憐な白花、ウツギ。

なだらかな道が続きます、ホントに歩きやすい。日頃、運動不足なので大丈夫かなと心配してたけど、ご機嫌で歩けます。

歩いていると所々にベンチが設置されてます、夏紅葉がきれいです。

甫喜ヶ峰森林公園は、一般社団法人高知県山林協会が管理を行っています。

キャンプ場の隣にある学習館は県立と書いてあったので公園自体も所属は県なのかな?

スポンサーリンク

11:40 最初の休憩所

車が走る林道に出ました。ここには屋根付きの休憩所があります。

「アセビの森」まで550m、もう半分以上来たのか!とっても歩きやすいので全然疲れてません。

アザミもたくさん咲いてました、よくある花だけどよく見るととっても可愛い。

少しだけ舗装道路を歩いて、森に入ります。

小さな花が密集して咲いてる、ガマズミというそうです、スイカズラ科。

路傍には黄色い小花がたくさん。

道幅が広くなりさらに歩きやすい、なだらかな傾斜の山道。

ここまで誰ともすれ違わないので2人で大声で話したり、歌ったり、踊ったりしながら楽しく進みます。

また舗装道路に出て、さっきよりも立派な休憩所。

「アセビの森」まで380m。

はい、森に戻ります~。

分かれ道に出ました、最初に取ったマップの写真を確認すると、今まで歩いてきた道が「アセビの森と見晴らしのコース」で、ここから先が「アセビの森ユニバーサルトレイルコース」になるみたい。

右に行くと180mで展望デッキ、左は220mで休憩小屋。展望デッキに向かいます。

今度の白い花は野茨(ノイバラ)

白と薄い黄色のスイカズラ。

急に展望が開けました、高い木が無くなってアザミの咲く草原。

手すりが見えてきた、あれが展望デッキかな?

スポンサーリンク

12:00 展望デッキ

うわ~想像以上に立派な展望デッキが突然現れてびっくり。まだ新しいみたい。

展望デッキからの景色、ずーっと遠くまで見渡せます、でも今見えているのがどこなのかはよくわかりません(笑)

わっ!なんだこの建物?!

展望デッキから少し歩くとありました、マップによるとこれが展望台らしい。

こちらが展望台からの景色、左の山の向うに風力発電の羽がチラリと見えてるのわかります?

そういえばマップにも風力発電所って、右上に書いてあった。

草原の中の道を歩きます。

気づけばここに生えてる木は、ほぼ全てアセビだ!さすがアセビの森。

足元には作り物の髪飾りみたいなかわいらしい小花、ニワゼキショウと言うそうです。

立派な建物が現れました、これがマップに出てた休憩所。

道も建物もきれいに整備されてます。

マップがありました、現在地の向うに「記念碑」があるらしい、展望マークもついてる。

スポンサーリンク

12:07 記念碑

ありました記念碑、「甫喜ヶ峰 みどり茂りて・・」う~ん読めない(笑)

先ほどの建物、左側は広い休憩所、右手はトイレ。

トイレが新しくてとてもきれい。

車いすにも対応、手洗い場所もとてもきれいです。

記念碑の向う側に広がる広場に行ってみよう、お!足元に野イチゴ発見。

種類違いの野イチゴ2種類子ど供のころは食べながら山歩きしたけど、食べるのは自粛。

サツキが咲いてます、階段を下りて一段低くなった広場へ。

すごーい!広い!まるで線路のようにまっすぐに2本線が伸びてますが、これは並んだ側溝。

ずーっと続いていて、思わず走り出したくなる。子どもだったら走るなこれは、遠足にぴったりの場所だね。

しかも足元にはお花が咲き広がってます、いいねーこの場所気持ちいい。

こちらは黄色い花、ここで犬を話したら気持ちよさそうにびゅーんと走り出すだろうな。

と、自然の美しさに感動してたら、いきなり自販機があってびっくり(笑)

こんなところまで補充にくる人大変だね、せっかくなのでカルピスウォーターを買って飲む。

鮮やかなオレンジの花が咲いてます、ユリ科のゼンテイカ。

聞いたことない名前だなと思ったら、別名ニッコウキスゲ。こっちの方が断然有名です。

 

ここから更に登ると、風力発電、甫喜ヶ峰の山頂に行けるけど今日のところはここまでとしておこう。

今度はここまで車で来て、山頂まで歩いたらいいかも。

スポンサーリンク

12:30 記念の森から下りスタート

下りは少し林道を歩いて、「林間広場」を経由して「森林浴コース」を歩いて行こう。

林間広場までは80mだからすぐだね、ユキノシタが咲いてます。

ユキノシタの上品なたたずまいが自然の中で際立つ。

こんなところにも宝くじの恩恵が来ている。完全に苔に覆われたジブリ的ベンチ。

木漏れ日に光る苔が美しい。

なかなか林間広場に出ないなあと思っていたら、もう過ぎたみたい?

ひらけた場所にベンチがあったけど、あれがそうだったのかな?今までもいたるところにベンチはあったのでやり過ごしてしまった。

透き通った谷川、よーく見るとサワガニがいます。

スポンサーリンク

13:05 キャンプ場到着

キャンプ場の近くまで下りてきました、アジサイがそろそろ色づき始める頃、来週末には見ごろかな?

初めて登った甫喜ヶ峰は、歩きやすい道がずっと続いて、道々の山野草を楽しみながらあっという間に登ることができました。

ちゃんとした管理会社が入っているだけあって、メンテナンスが行き届いていますね。キャンプ場も使いやすかったし、甫喜ヶ峰はマップに書いてあったとおり「ゆっくり森と遊べる」素敵な場所です。

今度は風力発電見に行ってみよう。

コメント