アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」 47話

朝、だんなさんを送り出した後が私のアニメタイム。録画したアニメを楽しむ毎日の習慣。
さて今朝は何を観るかな~♪最終話に向けて煮詰まってきたガンダム観るか。

 「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」

これはガンダムの時代的にはどのくらいなんだろうと思ったら、全然別物のストーリーなんだって。SEEDとかの後の時代なのかと思ったら、全くの別歴史だそうです。
今は第2期のまもなく最終話というところで、最近どんどん詰めに詰められて観ていて息苦しいほどの状況となっております。



 

そんな中、三日月がクーデリアに向かって「俺のこどもも育ててくれる?」って、え?
「アトラ一人じゃ心配だから」って、ええええええー!!
いつ?いつ?いつの間に?!そんなシーンあったっけ?見逃した?録画し損ねた回あったっけ?? 

思わずググったよ「三日月 アトラ いつの間に」
そしたら同じ思いに駆られた人々の声がたくさん。でしょーだよね、見逃したんじゃなくてそんなシーン無かったよね。

 

ホントにこの際クーデリアも作ってしまえ。

でも「守っていきます」って言ってたから無いんだろうな。まぁ肉体的な繋がりとか些末な事みたいな関係なんだろうし三日月にとってはアトラとクーデリアへの思いに差はないよね。

けど、個人的にはクーデリアと結ばれて欲しかった。いや、クーデリアとも、この際3人仲良く暮らしてほしい。それぞれに子どもも生まれて楽しい家族を作って欲しい!みんなで野菜作って暮らせばいいやん。(妄想エンディング)

ちょっと前のマクギリスが男娼させられてた幼少期の映像も衝撃的でしたが、今回も驚いた。これは子供向けアニメなのか既にそうではないのか。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」は、なんなら実写化できちゃうぐらいリアルに人間の欲望を生々しく描いてて、大人たちの汚さに翻弄されながらも強く生き、戦い、死んでゆく少年たちに胸が痛くなる。

今回のラストも希望の光が見えたかと思いきや、またまた戦い。しかも勝つ可能性はほぼ無い、皆殺しにされかねない戦い。
みんな一生懸命に生きてるのに・・・。観るのが辛くなってきたよ。

 ところで、先日お台場のガンダムが惜しまれつつ撤去されましたよね。
無くなっちゃってさみしいなと思っていたら、今度はユニコーンガンダムが設置されるらしい。
今年2017年の秋にユニコーンガンダム立像が登場するって、楽しみですね。ってユニコーンは観てないんですが・・。

そんな私的にはシャアザクの方が嬉しいな。
だいぶ技術も進んだだろうし、そろそろリアルハロができないかな~

コメント