アニメ「ACCA13区監察課」 最終話・第12話 感想

終わっちゃった・・・。虚脱感。

いや、でもすごくいい最後だった。全てきれいに回収してくれたし、みんな幸せな結末だったし(リーリウム家はどうかしらんが)

ジーンの恋の行方までちゃんと見せてくれて、本当にすっきりhappy

 

しかし・・・・課長さ~ん、そうだったの?なんか怪しくてアーベントの関係者とは思ったけど、まさか・・・

 

オウル課長がアーベント本人だったなんて!!

髪の毛は確かに染めればすぐだけどさ、白いから染まりやすいだろうし。

アーベントの冷徹なご主人様キャラとオウル課長のおとぼけお人よしキャラがあまりにもかけ離れてて、演技力あり過ぎでしょ。

このことを知ってるのはニーノ以外にもいるのかな?ジーンは知らないよね、もちろんロッタも。知ってるとしたらグロッシュラー、モーヴあたりだけど、知ってるかは何とも微妙。

 

ニーノを使って遠くから見守ってるかと思いきや、こんなに近くでジーンとロッタを見守っていたんだね、うんうん。

ひげをそって、元の白髪長髪にすれば美形になるって事かしら。ニーノとの会話でも昔ほどの冷たい感じは無くなったてたし、ニーノも気さくに話してたし、性格丸くなったのかな。

今回のクーデターのホントのホントの黒幕はクヴァルムやったんやね。それも全て王様のため、ドーワー王家のため 。

 

しかしモーヴ本部長がやたらとかっこいい。知ってたけど、ほんとにかっこいいなこの人。素敵な男性勢ぞろいなのに、モーヴが仕切るって言うかっこよさね。

でも、そんなモーヴはグロッシュラーに心酔してるんだよね。Love込みなんだよね、最後の親密なツーショットから近い未来二人が結婚という選択肢を選ぶんだろうなと感じされせくれる。

 

そして、ジーンが片思いを自分で言ったよ。「私は自分が失恋してるってわかってるんですよ」なんて素敵なセリフ!

ジーンのモーヴに対する思いは「すごくきれいで素敵な人だな、二人で食事で来て嬉しいな、」という憧れくらいの気持ちだと思っていたけど、しっかりと恋だったんだね。さらりと認めるジーンかっこいい。

 

ロッタちゃん王様(おじいちゃん)のお見舞いに行けてよかったね。王様とても幸せそう。

すぐ死んじゃうくらい具合悪いのかと思ったけど、結構元気そうでよかった。ジーンも会いに行くかな。

第一王女ちゃんと謝ったんだ。意外といい人、いやそんな単純じゃないけどさ、ロッタちゃんがそれでいいならいいのよ。

 

何と言っても、シュヴァーンが思ったほどバカ王子じゃなかったやん、って件ね。

このコ、おバカだけどいいコなんです!と王子の身近にいる人たち(王様、クヴァルム、マギーあたり)は思ってたんだろうね。

王様が言ってた通り本当に甘やかされてそだったお子ちゃまわがまま王子なのね。でも悪い人じゃないから時間をかけていい王様になっていけそう。

これからは年の近い従妹のロッタやジーンの意見も聞くようになるかも。ロッタに「だめだよ、そんなことしちゃ!」とか叱られてそう。それを微笑ましく見守るマギー。

 

最後の最後にはジーンとニーノの仲良しシーンもちゃんとあって、満足。これからは本当にただの友達になれるね。

いつも二人で飲んでるけど、一体どんな話をしてるんだろう?

そういえば、ノットの奥さんも帰ってきたんだよね、こんなところまでハッピーエンド、抜け目ない。

 

あー既に続編が楽しみ、って今連載中なのは番外編か。番外編ももちろん楽しみだけど、続編もあったらいいなぁ

できるならこの先ずっとジーンとロッタ兄妹を見守っていきたいよ。ストーカーな心理状態。

 

最終回、終わっちゃったけど本当にオシャレなアニメだった。絵も曲もセリフも絶妙にオシャレでかっこいい。

落語心中のエンディング最高だったけど、ACCAも負けず劣らず最高だった。サンキュー!!

コメント