アニメ「ACCA13区監察課」第11話 感想

ホントにどのアニメも最終話に向けて色んな事件が発生して気が抜けない。
でもさ、もうやめてよ、かばって代わりに打たれるとかオルガで十分だよ。

お願いだからラストを盛り上げるために主要キャラを殺さないで。いや、こっちは死んでないよ、ニーノに死なれちゃ困るんだよ。

どのお話もハッピーエンドじゃ面白くないから仕方ないけどさ、好きなキャラクターには幸せになって欲しいと思っちゃうよね。

今回はフラワウ(言いにくい)の視察に出かけたジーン。悪い奴らの本拠地だよ、ジーン大丈夫?
リーリウム長官そっくりの兄(区長)と弟(ACCA支部長)がお出迎え

「王族の血をおひきの方をお招きできるなんて」

この言い方からしてドロドロとしたものを感じずにはいられない・・・。慇懃無礼でジーンの事を実際には軽んじている匂いがぷんぷんする。プンプン。

 しかし、花だらけのところだな、花産業が活発なの?って思ったらそんな可愛いもんじゃなかった。
ドーワー王国の石油9割がフラウワって、サウジアラビアみたいやな、はっ!だからリーリウム兄弟は浅黒い肌と民族衣装で中東をイメージしてたのか!(気づくの遅い?

 

ジーンを次期国王にって言う割には畏敬の念とかまるで感じられないんだよね。

大事に思ってるんならちゃんと護衛しろよ。あんな目立つ黒服暗殺者に付け狙われてるじゃないか。
これだけジーンを次期国王と目している人が多い割に、ジーンやロッタの身を守ろうとする人が居なさすぎでしょ。
というか、実際に守ってくれてんのニーノとレイルだけやん。

 

ジーンをかばってニーノが撃たれた時はホントに怖かった、ばっちり2発は当たってたし死んじゃうかと思った。
意識も戻って二人が言葉を交わせてよかった。でもジーンの怒りを感じるよね。そりゃ怒るよね。

それにつけてもリーリウム兄弟のセリフむかつく、もっと心配しろよ。てか、警備が至らず申し訳ありませんと謝るべきや。プンプン

 

ジーンは自分が狙われたというよりも、ニーノが重傷を負ったことで心が決まった感じがするな。
これ以上、自分の大切な人を傷付けさせない、ロッタもニーノも。そのために行動する。
でも、リーリウム兄弟が目論んでるように、ジーンがやつらの傀儡に成り下がるとは思えない。

「心配しなくていい」

言う時のリーリウムの口元のイヤラシイ事、きゃー嫌だわー。ジーンは丸め込まれたりしませんからね。プンプン
でもな、あのグロッシュラー長官がすっかりリーリウムの言いなりなのよね・・・なぜなの?お金なの?

 

モーヴ本部長が「オータス、大丈夫だな?」と声を掛けてくれた時のジーンの不敵な微笑みを見ると何かちゃんと策があるんだろうなと思える。信じていいんだよね、ジーン!

 

なんだろう?ジーンはどうするつもりなのかな?

王様になるとは思えない、しかし、暗殺を企てる第一王女やそれを差し向けたシュバーンバカ王子をこのままにしておくわけにいかない。

ジーンは怒ってるよ、シュバーンにガツンと何かやってやる気だよ。

 

ついに来週はACCA最終回ですよ。

ジーンがどんな行動に出るのか。まだ姿を現してないアーベントは出てくるのか。ジーンとロッタは孫として危篤の王様と言葉を交わすことはあるのか。
色々と気になって仕方ないので観たくてたまらないけど、観たら終わっちゃうからそれも悲しくてたまらない。

ドラマは最終回15分枠大とかするんだからアニメもすればいいのに。

今、月刊ビッグガンガンで番外編『ACCA13区監察課 P.Sが連載中らしいから、秋くらいにはアニメで見られるかな。来年かな?まさかアニメ化しないことはないよね?してね、絶対。

コメント