2018年一番通ったラーメン屋「八丁目どり」冬限定・牡蠣とあさりの醤油そば

ランチ

今年高知に新たにできたものと言えば、オーテピアと高知蔦屋書店が大きいところ。

食べ物屋さんも新店ラッシュでしたよね、その中で私的一番おいしいお店はラーメンの「八丁目どり」

 

八丁目どりのアクセスなど詳細はこちら見てね→≪高知市一宮「八丁目どり」鶏ガラ&豚骨スープ とりトン煮干しラーメン≫

 

私的2018年おいしい店ランキングで迷うことなく今年の新人賞は「八丁目どり」

新しくできた店は、取りあえず行って食べてみて、もう二度と行かない店もあったりするなか「八丁目どり」はまた行きたい、何度でも行きたい、あのオリジナリティー溢れるおいしいラーメンをどうしても食べずにはいられないお店。

そして、行く度に新しいメニューに出会えるし、素敵な店主さんにも出会えるお店。

八丁目どりはおいしいだけじゃなく、店内の雰囲気も良い。けして新しい建物ではないけれど、女性店長さんの優しい配慮が隅々まで行き届いた清潔な居心地のいいお店。そして、接客もすばらしい。

 

そんな私の大好きな「八丁目どり」の唯一の難点は駐車場が2台しかないところ。

しかし、日曜の昼前到着にも関わらず停められた、ラッキー。

またまた新しいメニューが外に貼りだされている、さっそく気になる。

店内に入ると、前も居たかわいい娘ちゃんが「いらっしゃいませ」と迎えてくれる。

壁には気になる新メニュー「冬期限定 牡蠣とあさりの中華そば」「今月のオスス麺 檸檬らーめん」

また坦々麺にしようかと思ってたけど、限定とか言われちゃうとグラッとくるよね。

 

スポンサーリンク

牡蠣とあさりの醤油そば

(値段忘れ・・・)

伝わるだろうか、この牡蠣とあさりのいい香りが。

八丁目どりの牡蠣とあさりのスープは、本当に貝の味と香りがしっかりと感じられる。濃厚貝スープとクリーミー鶏ガラスープを合わせて作られた奥深い味わいの絶品スープ。

 

麺と共に極旨スープを持ち上げて一気に頬張る、ウマい。

 

〆にスープにご飯を入れて雑炊風にするのがお勧めと書いてあって、だいぶ悩んだけど日替わりの「だし炊きご飯」を頼んでしまった←炊き込みご飯好き。

でもスープは飲むからいいのです。だんなさんはミニチキン南蛮を追加。

スポンサーリンク

だし炊きごはん 150円 チキン南蛮セット 380円

 

スポンサーリンク

檸檬らーめん 850円

ものすごいレモン、お飾りじゃないぞという心意気が感じられるこの厚み。

白い器と白いスープに美しい黄色いレモン、真ん中はオレンジ?

 

レモンの下のチャーシューもこの分厚さ。

ぱっと見レモンしか乗ってないかのように見えますが、レモンの下には色んな具が乗ってます。

 

白く細くまっすぐな麺が美しい。

スープは八丁目どりオリジナルの鶏豚白湯、こんなに大量のレモンを入れて味のバランスはどうなるのかと思ったけど、なんだこの絶妙なハーモニー。

白湯のクリーミーな濃厚さに爽やかなレモンの香りと酸味が加わり、このスープだけでも一品料理として成り立つおいしさ。コース料理のスープボウルに入っていてもなんら問題ない。

さっぱり好きのだんなさんはレモンをレンゲでぎゅっぎゅと押して更にレモン果汁を多くしてました。自分で調節可能、なおレモンは国産だそうです、ぬかりない心配り。

 

ぎゅうぎゅうしたあとのレモン、この段階でも美しいレモンだね。しかし、すごい量()

 

八丁目どりのラーメンは本当においしい。

またすぐに行きたくなる、オリジナル味噌ブレンドのみそラーメンも気になる、でもやっぱりまた坦々麺が食べたい。

しかしまた新たな期間限定ラーメンに心を奪われるのかも。

コメント