高知県民こころの味 豚太郎のラーメン 坦々麺じゃなくて豚坦麺ね

ランチ

小さい頃によく食べに連れて行ってもらったラーメン屋さんといえば、豚太郎。

高知県の西から東にたくさんある豚太郎、食べたことの無い高知県人はほとんどいないんじゃないかな。

 

子どもの頃はよく来てたけど、最近高知にもラーメン屋さんが増えたし、豚太郎に来るのはずいぶん久しぶり、何年ぶりだろう・・・。介良の本店に来てみたよ。

 

スポンサーリンク

豚太郎 介良店(本部直営店)

高知市介良乙1060-6
088-860-1116
11:0021:00
定休日:木曜日

 

本部直営店だけあって、介良の豚太郎は大きいね、駐車場も広いけど満車。日曜の11時半、駐車場は最後の1枠、変わらない人気です豚太郎。

 

店内は広くて席もたくさん、6人座れるボックス席にカウンター状態に真ん中に仕切りのあるテーブル。

 

豚太郎 介良店 メニュー

豚太郎と言えば有名なのは「味噌カツラーメン」味噌ラーメンの上にトンカツが乗っかったボリューミーなラーメン。

でも、坦々麺好きな私は見つけてしまいました「豚坦麺」

豚太郎にも坦々麺あったんやね「ん??」違う、坦々麺じゃない「豚坦麺(とんたんめん)」ほほぅ、豚太郎オリジナル坦々麺てことやな、とんこつベースの坦々麺なのかな?

 

こちらにもちょっと惹かれた、冷めん。おや、冷めんに鶏のから揚げが乗ってるんだね。

 

意外に普通の定食メニューがけっこうあるんだね。しかもお手頃価格!

 

豚太郎は数多くの店舗で展開するチェーン店だけど、とても自由度が高く、お互いが切磋琢磨しているんだって。

豚太郎において統一されているのは、みそ、しお、しょうゆラーメンとギョウザの素材と価格のみ。その他のこと、つまりトッピングやセットメニューなどについては、各店舗の“自由”となっています。各店長の好みやアイデアが反映されているため、店によって味もメニューも異なるんです。

《豚太郎公式ホームページより抜粋》

 

そして、高知県人なら1度は観たことのあるあのCM,、豚太郎の女社長さんと部長さんたちなんだって。

 豚坦麺 800円

 

けっこう濃厚、味噌ラーメンをピリ辛にした感じ。ゴマ感は無いけどひき肉がたっぷり入ってる。

映ってないけど最後の1粒まで肉を拾える穴あきレンゲ付き♪

 

しょうゆラーメンAセット 600円+300円

 

チャーシューがでっかいな!麺は豚坦麺と同じ中細のストレート卵麺。もやしがたっぷり、シャキシャキシャキ。

 

ハーフチャーハン、期待通りの定番のチャーハンです。

 

本当に久しぶりに来た豚太郎は、期待を裏切らない安心の味。どれも普通においしい。

いつ行っても普通においしい、そして店ごとに味もメニューも違うというのが豚太郎の魅力なんだろうな。

コメント