高知市「岡崎牧場」牛を見ながら搾りたて牛乳ソフトクリーム 

スイーツ

高知市の町中から車でたった15分行けば、本格的な牧場で動物と戯れながら、しぼりたて牛乳のソフトクリームが食べられる、それが円行寺の「岡崎牧場」

青空が広がる週末、思いついて久しぶりに行ってきました。爽やかで素敵な牧場日和でした。

スポンサーリンク

岡崎牧場

高知市円行寺131

場所は万々商店街を北に抜けて、ずーっと進み「湯の川温泉」を通り過ぎて1kmのところ。

岡崎牧場 駐車場

右手に看板が見えてきます、看板から入ってすぐが駐車場。

駐車場はかなり広いので停められないことはないと思うけど、所々泥がぬかるんでたり糞が落ちてたりするのでお気をつけください。

車の向うに既に牛の白黒が見えます、ここにいるのはまだ小柄だね若い牛ちゃんかしら。

そして、駐車場の奥にはポニーがいます。人懐っこくて寄ってきてくれます、お出迎え担当。

駐車場から牧場の建物までは歩いてすぐ。

スポンサーリンク

ディアランドファーム(Deer Land Farm)

080-2991-4071
4月~9月/10:00~17:30 10月~3月/10:00~17:00
定休日:火曜日

「Deer」って「鹿」だよね?なんでだろうと思ったら、牧場主さんが鹿嶋さんだから。

あれ、じゃあなんで「岡崎牧場」?と思って調べたら、昭和25年にこの牧場を設立したのが岡崎正英さんという方だそうです。

牧場の名前が「岡崎牧場」、ソフトクリームやケーキを売っているショップが「ディアランドファーム」。

牧場の動物たちも気になるけど、まずはソフトクリーム食べよう。

おっと、店の前にリアルな牛の下半身(笑)

と思ったら「乳しぼり体験」をする牛でした。

岡崎牧場ではいろんな酪農体験ができます。時期や人数など体験の種類によって違うので、興味のある方は電話で問い合わせてみてください。

牧場のお菓子屋さん

壁に等身大かと思われる巨大な牛画像。

イベント オープンファーム

1月26日はオープンファームのイベントがあります。

親牛へのエサやり、仔牛のブラシがけ、ポニーに乗る!しかも予約不要・無料!

月に1回開催しているイベントなので、今回行けなくても来月以降の予定を確認してみてください。

ディアランドファーム
ディアランドファームさんのブログです。最近の記事は「コロコロすっコーン(画像あり)」です。

ディアランドファーム メニュー

後から気づいたけど「自家製乳酸菌飲料」というのが気になる、ヤクルトとかカルピスみたいな感じかな?今度飲んでみよう。

ミニのソフトクリームもあります。

フルーツを混ぜ込んだブレンドソフトもあり。

ブルーベリー、いちご、もも、マンゴー。

お菓子もあります、ロールケーキとプリンが人気だって。チーズケーキとシュークリームもおいしそう。

牧場ロール 1本1,300円
牧場でのびのび育った牛の生乳と近所の農家で生産されている小麦粉を使用。
あっさりした牛乳風味の生クリームと、ふんわり食感のスポンジとの相性は抜群。
牧場プリン 1個270円
牧場でのびのび育った牛の生乳を使用。
なめらかな舌触りと控えめの甘さは、お客様にも人気の高いこだわりの一品。

やっぱりこれよね~ソフトクリームは幸せのかたち。

ミルクソフト 250円

朝搾りたての牛乳で作ったソフトクリーム。牛乳の香りがする、甘さ控えめで後味すっきりと爽やかな味がする。

目の前に広がる牧場の風景、動物にエサをやる子どもたちの笑顔、優しく見守る家族たち、おいしいソフトクリームと青空。なんだこの幸せにあふれた空間はとじんわり噛みしめました。

ブレンドソフト ブルーベリー 300円

注文してから目の前でフルーツを粉砕してブレンドしてくれます。本物のフルーツが練りこまれてる香りと食感。

スポンサーリンク

牧場の動物たち

子どもの頃にこんな場所でいろんな動物に触れあったら、優しい人に育ちそう。

バロンとジョイ、寝てます(笑)お天気がいいからばったり倒れて日向ぼっこ。

動物のエサ売り場

野菜の販売所があって、動物のエサと人間が食べる普通の野菜を売ってます。

動物のエサは100円、子どもたちが100円玉を握りしめ次々買いにきては走って出て行きます。

近所で取れた新鮮野菜、スーパーの産直コーナーより安い。

ウサギ

この日は子どもがたくさん来ていたので、エサもたっぷりもらって満腹でころがってるウサギちゃん。

ブタ

ヤギにしては大きいなと思ってよく見ると、黒いブタちゃん。たぶんミニブタだけど、おっきいね(笑)

ヤギ

「ん?エサ持ってんの?」

私がエサを持ってないと気づくと、さっさと他にいくヤギたち。

エサがたくさんもらえるから落ちたエサは食べずに差し出されるのを待っている。観光シーズンの奈良の鹿たちのようだ。

スポンサーリンク

牧場内を散歩

少し離れたところに牛舎があったので、のぞいてみると仔牛たちのお部屋。

小さくてお鼻がピンクの仔牛ちゃん、すごいかわいい。

高台から牧場を眺める。

どこからどこまでが岡崎牧場の土地なんだろう、たぶんだいぶ広いんだろうなー。

「ここから先は牛たちの生活エリアです」と柵があります。

黒い牛ちゃんがめっちゃ見る「それ以上来たらだめだぞ」みたいな。入らないよー。

晴れた牧場の休日は本当に気持ちのいい、幸せあるれる場所でした。

ほんとにすぐ近くの牧場、ぜひ行ってみてください。

コメント