野市町 ジェラート屋さんCREAM人生最高においしい!

スイーツ

アイスクリームが大好きです。ってみんな好きだよね~。

私的、その最高峰が野市にあるジェラード専門店GELATERIA THE CREAM

旬の果物など厳選した食材で毎日手作り。ジェラード工房とショップが一体化しているのでいつも作りたてを食べられる。

季節や新しいメニュー開発により、いつ行っても初めて出会う魅力的な色んなジェラートを食べられる。そんなハイクオリティなのにお手頃価格!

スポンサーリンク

GELATERIA THE CREAM(ジェラッテリアクリーム)

 高知県香南市野市町西野野市町西野2360-1
0887-56-0513
10:301800
定休日 金曜日
http://gelateria-the-cream.com/

 

南国バイパス沿いの日産・ベスト電器すぐ横です。

駐車場は12もあります、店前と店裏。

 

祝日の1320、お店の中は3組くらいのお客さん。

席は全部で15席くらい、座れないかもと思っていたら注文している間に2組出て行って無事座れました。

ショーケースの中、美しいジェラートたち☆あぁ悩ましい。

まずはサイズを決めなきゃね、いつもはMサイズにするけど今日はお昼が軽めだったからLにしちゃうか♪

Lサイズだと3種類も選べちゃう、嬉しい悩み。

スポンサーリンク

2017年10月9日のラインナップ

ジェラッテリア クリーム価格表

S  少なめ2種 ¥280
M  通常2種 ¥360
L  3種(カップのみ)¥420

ショーケースのすぐ横がジェラート工房。

左(爽やかな定番好きのだんなさん)ミルク、グァバ、ラズベリー

右(濃厚で目新しいの好きな私)ザッハトルテ、ミルクティー、ピスタチオ

爽やかトリオは本当にどれもさわやかでおいしい、特にグァバの香り、味共に感動するくらいおいしかった。高知県産のグァバを使ってるんだって。

私はいつもの定番ピスタチオと飲むのも大好きミルクティー、初めて見た濃厚そうなザッハトルテが気になって。

ピスタチオはナッツで食べるよりもジェラートの方が好き。CREAMでは最高級シシリー産のピスタチオを利用しているそうです。

「濃厚な風味はキングオブジェラート」と書いてあるのも納得。

ミルクティーはアールグレイの茶葉がそのまま入っていて香りがすばらしい。

初めて見たザッハトルテはどんな感じかしら?と頼んでみた、濃厚でまったりと舌に絡みつくようなチョコレート、本当にケーキを食べているようなかすかな洋酒の香り。本物のザッハトルテよりこっちが好き

あ~どれも最高においしい。私のチョイスは濃厚だったけど、全然問題なくペロッといけるし、後味もいい。ケーキのようにバターや小麦粉が入ってないからか濃厚なテイストも意外と軽くいけちゃう。

食べながら壁に貼られた「ジェラートとアイスクリームの違いとは?」という記事を読んでみた。

アイスクリーム-20℃、ジェラート-7~-9℃そんなに温度が違うのか、へ~。

この温度の差により、ジェラートの方が砂糖少な目、味を感じやすいんだって。そうか、後味すっきりなのは砂糖が少ないせいもあったんだ!

ジェラートとアイスクリームの違い

 

コーヒーや紅茶などのドリンクも販売してるけど、セルフのお水も用意してくれてますよ。

ジェラートのお持ち帰りもできるし、ホームページを見るとクリスマスケーキも作ってるんだって!

今年のクリスマスケーキ、CREAMのジェラートケーキ、ありやな。

スポンサーリンク

2018年3月4日のラインナップ

またまたやってきました、この日は回転すしの後、デザート食べにやってきたよ。

本日のジェラート、季節のものがたくさんでいつ来ても美しいショーケース。

今日は二人とも季節ものをチョイス。

・・季節限定、香南市で育った苺を使ったシャーベット

抹茶・・色彩鮮やかで抹茶本来のほろ苦さを味わえる、津野町産の抹茶をジェラートに

オレンジジンジャー・・さわやかなオレンジにガツンと効いたジンジャーと、ほのかなバジルの香りが食べるにつれてクセになるシャーベット

ぶんたん・・香南市で採れた食べ頃の文旦を使ってフレッシュなシャーベットにしました

高知の旬の食材を使ってるのが素晴らしいよね。

オレンジジンジャーは本当に生姜がガツンと効いてて辛みと複雑な香りが魅力の大人の味。

どれも美味しいけど、苺が衝撃的に美味しかった。苺に出会えた方、是非チョイスしてみて。

スポンサーリンク

2019年3月2日ラインナップ

 

大好きなクルミがある♪

くるみ&白桃チーズ

スポンサーリンク

2019年4月28日ラインナップ

苺&あぶり茶(高知県産ほうじ茶を使用)

マンゴー&メロン(夜須町の特殊栽培方法で大切に育てられたメロン)

いつ食べても素晴らしい。果物ジェラートは繊維やねっとりとした舌ざわりまでそのまま再現されていて、新鮮な果物を更においしい状態で食べさせてくれる。

スポンサーリンク

2019年7月13日ラインナップ

今日も素敵なジェラートが並んでて目移りします。

季節のフルーツ、桃、メロン、ブルーベリーどれも美味しそう。

気になったのが「リコリス」

ヨーロッパで幅広く愛されるハーブ”リコリス”
エクアドル産ハイカカオと合わせて日本人向けにアレンジしました。
チョコレートの甘さに個性を与えるリコリスの余韻。
初めて聞いたハーブ、リコリス。どんなものか調べてみました。

スペインカンゾウ(英語名リコリス)

スペインカンゾウ(スペイン甘草)は、マメ科カンゾウ属の1種で、広義では甘草に含まれる。別名セイホクカンゾウ(西北甘草)、ヨーロッパカンゾウ。

甘味料、スパイス、ハーブ、薬用、化粧品添加物などに使われる。欧米では、サルミアッキ等のリコリス菓子やルートビアの甘味料として多用される。

≪Wikipediaより抜粋≫

欧米では、消化を促進するハーブとしてハーブティーやサプリメントが普通に利用されています。

メロン&ブルーベリー

桃&リコリス

癖のある味で食べにくかったらどうしようと思いつつリコリスを注文。

砂糖の50倍の甘さのリコリスとハイカカオをブレンドして香りが良くてとってもおいしいジェラートでした。後味が少し独特の香りがしてオリジナリティあふれる変わり種のチョコレートジェラート、チョコレート好きならぜひ試してみてください。

コメント