ランチ専門「いやさか」和風カフェで新鮮魚の日替わり定食

ランチ

2019年9月、愛宕にできたランチ専門の和風カフェ「いやさか」

土日もやっているそうなので、土曜のランチに出かけてみました。

スポンサーリンク

和風カフェ いやさか

高知市愛宕町二丁目19-7
088-856-6963
11:00~14:30
定休日:水曜日

いやさか駐車場

いやさかの駐車場はお店と少し離れた場所にありまして、愛宕商店街を北に進み、「天むす薫」の角を左に入ります。

公文歯科の向こうにある広い駐車場。

「いやさか」の看板が立っているのでわかりやすい、そして広くて停めやすい駐車場。

なんと道を挟んで向かいも「いやさか」の駐車場です、全部で20台以上停められそう、ものすごく駐車場が充実したお店です。

「いやさか」と書いたブロックが1個ずつ置いてあるのでわかりやすい。

車を停めて少し歩いてお店に向かいます。

瓦屋根の一見普通の建物、古民家をリフォームしたっぽい。

朱色の暖簾が素敵、軒先の風鈴もいい味出してます。

いやさかメニュー

いやさかはランチのみのお店、しかもメニューは肉or魚の日替わり定食のみ。

店主さんがブログで毎日のメニューを紹介されてます。

和風カフェ いやさかのブログ
和風カフェ いやさかさんのブログです。最近の記事は「仕入れ️(画像あり)」です。

おじゃましまーす、店内に入ると左手にカウンター席と厨房。

いらっしゃいませと元気に迎えてくれます。

カウンターにはカップ&ソーサーやワイングラスなど、素敵な食器が飾ってある。

コーヒー頼んだらこんなのに入れてくれるのかな。

右手の座敷にどうぞと案内されました、靴を脱いで上がります。

ひろーい、4人掛けテーブルが4つ、2人掛けも4つ見えます。

更に奥には掘りごたつの個室と、普通の座敷の個室もあるそうです。

いやさかのお水はレモン水。

食後のドリンク7種類とおかわりの値段。

おかずをおかわりすると何がくるのかな?メインだけ?副菜も?

スポンサーリンク

日替わり定食(魚) 1200円

ご飯は大盛り(無料)か普通盛りか聞いてくれます、これは普通盛り。

南国市産の新米になったって書いてたし、おかずがたくさんだし、大盛りにすればよかったなとちょっと後悔。おかわりは100円です。

土佐沖でとれたサワラをハニーマスタードソースにからめて照り焼きにしたもの。

サワラの一切れが大きい!マスタードの粒々とテリテリしたつやがたまらずおいしそう。

ホクッと身がほどける淡白でふわっとしたサワラに濃厚なソースがよく合って、おいしい。

高知の野菜たっぷりの副菜、小さな器に少しずつが嬉しい。

副菜にお刺身が入っているのもすごく嬉しい、キレイな身です鯛かな?

そして、サバの味噌煮まである。本当に魚尽くしの定食、魚好きの母親が喜びそうやな。

スポンサーリンク

日替わり定食(肉) 1200円

お肉は「スコッチエッグ」おっきいですよ~。

ゆで卵をそのまま入れたスコッチエッグ、手のかかる料理なのであまりメニューで見ることないよね。

デザートまで付いてます、ブドウのゼリー。

ぶどう果汁がやわらかーく固められていて、ふるふる。

更にドリンクも付く、アイスコーヒーとオレンジジュース。

器がどれも素敵、おかずの小鉢も個性的な器ばかり。昔おきゃくで使ってたようなクラシカルな器もありました。店主さんが器好きなんだろうな、素敵な趣味ですね。

お店は広くてきれいで、美しく盛られた料理もどれもおいしい。魚も野菜もとても新鮮。

ランチだけなんてもったいない、夜もやればいいのにと勝手に思っていたら、西秦泉寺にある「インザムード」という居酒屋さんが姉妹店だそうで、そちらは夜だけなので店主さん夜はそちらで腕を振るっているのかしら。

釣り好きの店主さんと釣り仲間が集うお店で、みなさんが釣った新鮮な魚が「いやさか」「インザムード」のお膳に乗っているそうです。なるほど、納得。

厨房にチラチラ見えるガタイのいい方が店主さんだろうなと思っていると、帰り際すごく気さくに話しかけてくれて、「いやさか」好き度が更にグッと上がりました。また来ますね。

コメント