スンドゥブ専門店「ハナブサ」韓国のあつあつ豆腐鍋 辛さレベル3で

ランチ

寒い時にぴったりな、あっつあつランチを食べてきました。真冬に汗をかく熱さ、辛さ、うまさです。

高知市神田にある韓国の鍋料理、スンドゥブ専門店の「ハナブサ」です。

スポンサーリンク

スンドゥブ専門店HANABUSA(ハナブサ)

高知市神田2193-6
088-819-1140
ランチ 11:00~15:00/ディナー 17:00~21:00
定休日:不定休

住宅街の中の細めの道を進んで行った先にある、隠れ家のようなお店。倉庫をリフォームしたのかなという形状です。

ハナブサ駐車場

店の隣に車を停めるスペースが6台、店前に1台。三角地帯になっていてちょっと停めにくい。

平日の11:45到着だけど、店横は満車、すごい人気だね。

入り口に他にも駐車場があるよという案内はっけん。

図説ありました、向かいの家に1台、斜め前の月極駐車場に2台。

月極駐車場が空いていたら、ここが一番広々として停めやすいです。

ハナブサ 店内

かつては倉庫の入り口だったところが大きな窓になっていて光が差し込む。

左手に見える入り口ドアすぐの壁に木が段々と重なったデザインがあるけど、これがなんとトイレのドアです。初めての人はたぶん分からない、店主さんがDIYしたのかな。

全体的に木目を活かしたおしゃれなデザイン、温かみがある。

奥に座敷の個室があるようです。

スポンサーリンク

ハナブサ メニュー

思ったよりたくさんメニューがある、スンドゥブが10種類。

更にトッピングも色々あるので、お好みの鍋にカスタマイズ可能。

一品料理、デザート、夜のメニュー。一品料理が色々あるので居酒屋使いもできるね。

Instagramをフォローするとトッピングorチーズリゾットを無料サービスしてくれるって。早速フォロー、チーズリゾットをお願いする。

スンドゥブとは?

豆腐をメインとした韓国の鍋料理。
スープは自家製鶏スープにタテギ(唐辛子ベースの数十種類の食材を使用)をブレンドしたオリジナルスープ。また唐辛子には、新陳代謝を高めてくれるカプサイシンが多く含まれており、美容効果にも大変すぐれております。味はもちろん、すぐれた効果をもつ料理として長年韓国で愛されています。

豆腐がメインなんだね、ちゃんとしたスンドゥブ食べるの初めて、楽しみ。

辛いイメージがあるけど、ハナブサでは辛さも4段階で選べます。ちょっと冒険してレベル3を選んでみました。

ランチセットのサラダ、ご飯、韓国のり

韓国のりが小袋そのまま出てきた、パッケージが韓国っぽさを演出してくれるね。

明太子バターホタテスンドゥブ 1000円

辛さレベル3、赤い。バターの塊がすごい勢いで溶けていきます。

写真じゃわかりにくいけど、ぐらっぐらに沸いた状態で持って来てくれます。はい、動画どうぞ。

HANABUSAのスンドゥブ

チーズリゾットをサービスしてもらうので、セットのご飯を「春雨」に変更してもらいました。

春雨がかなりたっぷり入ってます。

あっつい!辛い!ダブルパンチでハフハフです。辛いけどおいしい、でも辛い、熱い、でもおいしい。このループ。

卵とろーんで辛みがマイルドになるかな。

ホタテがごろごろ入ってます。

スープが残り少なくなったところで「チーズリゾットお願いします」と店員さんに声をかけると、一旦キッチンに器ごと持っていってリゾットを作ってきてくれます。

量は少な目、ごはん小くらいの量なのでペロッと食べられちゃいます。

ホルモンスンドゥブ 1000円

断トツの人気No1、ホルモン。確かにこの辛みそ味はホルモンと相性ばっちりだよね。

ごろっとホルモン、辛みそが絡んでとろけるうまさ。

スープが少なくなったらご飯を投入して、雑炊状態に。

これがおいしいんだよね、私も次はご飯で雑炊にしよう。スープ多めでじゃぶじゃぶ気味の雑炊が好きです。

コメント