高知蔦屋書店でランチ 四万十ポーク100%ハンバーガー

カフェ

平日の蔦屋書店でランチして、じっくりと本屋さんを満喫しました。

何食べるか悩んだあげく「デュロックマン56」のハンバーガーに決定!

 

楽しい場所ですねぇ、高知蔦屋書店。仕事を休んだ平日、用事を午前中に速攻で済ませ、あとはじっくりと蔦屋書店満喫dayにいたしました♪

オープン直後の週末に行った様子はこちらどうぞ→≪高知市卸団地にオープン「蔦屋書店」スパイスカリー大陸で辛い大陸カレー≫

≪高知蔦屋書店巡りベイクドマジック焦がしシュークリームをおやつに≫

 

まずは、ランチをどこで食べるか、ぐるっと各店舗のメニューをチェックしてみます。

 

入ってすぐ右手、現代企業社の

スポンサーリンク

「イソップの台所」

日替わりランチがあります、本日のメインは「チキンのオリジナルマヨネーズソース」でした。

その他にもお勧めメニューが色々とあって、1000~1500円の価格帯。

 

 

入って左手の広いスターバックス。スタバにも色んな食事パンがそろっていて、これもいいなぁ。

サンドが500円くらいだから、ドリンクと併せて1000円ほど。

 

 

スポンサーリンク

Pizzeria ORTO

ピザとパスタのお店。特にランチメニューは無さそう、本日のパスタが900円その他1000円前後のパスタが8種類、ピザも8種類で1200~1600円。

 

 

スポンサーリンク

RAKUDA NIKU BARU JAPAN

店内用のメニューはイチオシらしい「肉スペシャルご飯 1380円」あ、カレーがある「龍馬ブラック カレーライス780円」これは今まで見た中で一番お手頃価格。

 

その他、テイクアウト用のお弁当も色々と並んでいます。

 

 

スポンサーリンク

マルゴデリ

5番マークが目印のオシャレなお店、自然派フレッシュジュースとデリということで、食べ物はどんなのがあるかなと思って見てみる。

 

食べ物は食パンの上にバナナなどフルーツを乗せてトーストしたものが3種類、あとは焼き菓子が少しある。

マルゴデリはフレッシュジュース屋さんという認識。

旬の果物を使ったフレッシュジュースをメインにコーヒーメニューもあります、350~500円。

この「あま酒」が気になった、素材にもこだわった体に良さそうなあま酒。その場で飲めるあま酒ドリンクも売ってるし、自分で作る用の「あま酒の元」も売ってた。

 

この前食べた、スパイスカリーの大陸カレー。

 

どれにしようかとぐるぐるぐると3周回って決めました。やはりこの前から気になっていたハンバーガー!

 

スポンサーリンク

デュロックマン56

四万十ポークの生産者である四国デュロックファームがコールマン56とタッグを組みハンバーガー店を出店。お酒と共にハンバーガーや豚肉料理を楽しんでください。

 

デュロックマンバーガー 580円

ドリンクとセットではなくフライドポテトとセットにしてみた。

焼き目のついたバンズがふかっとしてておいしそう。

 

フライドポテト 190円

残念ながらポテトは作り置き。

ソースは甘めの焼肉のたれのような味。

 

肉肉しいハンバーガー、大きなトマトも入ってます。

 

ペーパーが欲しいなぁと思いつつ手持ちのティッシュで口を拭いていたら、お店付属のテーブルにはちゃんと置かれていた。なんとケチャップとマスタードもあるではないか!

お店付属の席は少な目でいっぱいだったので、広い自由飲食エリアで食べていた私、気づくのが遅かった・・・。

 

そういえば、蔦谷書店では店内のどの席でも購入前の本を読むことができます(外のテラスはNG)。

ブックカフェ「イソップの台所」だけかと思ったら、どこでもいいんだね。

でもなんか慣れないとドキドキして持って来れないな。

 

そして、元の本棚に戻しに行くのかな~と思ったら、試し読みした本を置く本棚も用意されてました。

至れり尽くせり。このサービスは本の売り上げにプラスに働くのかしら・・・?試し読みで読み終わってしまうのでは?

せっかくあるサービスなので、次回は勇気を出して読んでみよう。

 

食べてる時に気づいたけど、店内では蔦屋のフリーwifiが利用できます。

確認したところ、ドコモのwifiよりも電波状況が良かったので蔦屋wifiを利用しました。

 

注意として「当店でお買い上げの商品をお楽しみください」と書いてある。

ということは、持参の本を読んだり、学生さんが勉強したりはダメってこと?店内のドリンクなんかを購入してればOKなのかな?

食べながら読もうと文庫を持参してたけど、この注意書きにひるんで読めない私。

 

お腹もいっぱいになったし、今日は時間を気にせず本屋さんを満喫するぞ。

ファッション雑誌コーナーから行ってきま~す!

 

コメント